鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
スタッフを紹介します(その2・敬称略です。)

b0108670_16241435.jpg高橋 達也
04,05年チーフメカニック。仕事は速いが、物も壊す!それでも、ここ一番で頼れる男。普段はモトパークの社長さんです。

b0108670_16252026.jpg
岩間 雅司
03年からチームに参加。地元の利を生かして抜群の活躍をしてくれます。チームの全ての練習走行に参加するほどのサポートぶりには頭が下がります。現場の知識は文句無くNo.1!「鈴鹿のマイスター」とは彼のこと。

b0108670_1626116.jpg
近藤 薫
いわゆる草レース・ライダー&メカニックの元祖。自らマシンを作って、自分で走って、直せてしまう器用すぎる方。困った時の頼みの綱です。

b0108670_16272788.jpg
高瀬 光生
FLATのメカニック。今回のマシンは高瀬の力作です!ネジ一本まで細部の改造図面は全てこの男の頭の中にあります。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-08 16:28 | Staff紹介
スタッフを紹介します(敬称略ですみません)
b0108670_1671617.jpg新田 正直
Tras代表。今回のマシーンについている外装カウリングは全てTrasさん。
プロも唸るドライカーボンの製作技術は仕上がりを見れば分かります。

b0108670_169610.jpg
山崎 和
PIAAの山崎さんと言えば、「いつも変わらず明るい」PIAAモーターサイクル部の部長さん。行き詰った時、あの人柄で僕らを導いてくれるのです。

b0108670_1611233.jpg
柳澤 勝由
BMWメカニック兼FLAT代表。80年代にOHVで8耐参戦。この人無しにはこのプロジェクトはあり得なかったでしょう。チームの重鎮です。

b0108670_2172777.jpg
高木一生
BOXER SPORTS CLUB 代表。いつも御世話になっております(^^)
アップにしすぎてゴメンナサイ。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-08 16:13 | Staff紹介
ライダーを紹介します

b0108670_15595512.jpg戸田隆
国際A級ライダー。またの名を「プロフェッサー戸田」。耐久レース及び国内レースのスペシャリスト。02,03,04,06年、BMWチームで鈴鹿8時間耐久ロードレース参戦。熱い走りでもヘルメット内はクール。いつでも冷静沈着で、私ムトウも絶大な信頼を置いております。


b0108670_1613714.jpg
齋藤栄治
BMWライダートレーニング公認インストラクターです。参加なさった方々はご存知かと思いますが、丁寧で分かりやすい教え方で定評があります。でも・・・怪我しちゃいけません。早くベストコンディションに戻して下さいよ!
※BMW ライダートレーニングに関する詳しい情報はこちら。


b0108670_1632294.jpg
中井 直道
18年連続8耐参戦のスペシャリスト。今回は齋藤ライダーの代わりとして急遽応援に駆けつけてくれました。ありがとう中井さん!明後日からの鈴鹿300kmは頼みます。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-08 16:04 | Staff紹介
こんな感じです
b0108670_1034556.jpg昨晩写真がとどきました・・・(^^;

これから各スポンサーさんのステッカー貼って完成です。
詳細な写真は、また書きますので期待して下さい。

とにかく見てもらいたくて・・・感想書き込んで下さい

黒色はカーボンの地色です。ALFA RAYSさん素晴らしい!!

b0108670_10312076.jpg
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-08 10:43 | マシーンについて
たった今・・・車両、完成したそうです
帰ろうと思ったら、トラス新田さんからの着信履歴が・・・
新田さん・・・何かトラブルかな?と思いきや⇒「できたよ」の一声
毎晩電話で話をしているから、おおよその見当はつくけど!!

早く写真が来ないかな。
楽しみは、明日の朝に公開いたします。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-07 20:50 | ムトウの独り言
金曜日の天気はどうかなぁ?
b0108670_20114712.jpg会社の仕事を今終えて、ふと金曜日の天気を気にしてみれば“雨”・・・。
練習不足なのに、練習ができない・・・。
最後のチャンスなのに・・・。

けっきょく土曜日がぶっつけ本番になっちゃうのかな。
さーこれから帰って300kmの荷物を積み込み始めなきゃあ。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-07 20:12 | ムトウの独り言
GS Challenge イベントで仕事中
b0108670_20444736.jpg今日と明日は本業(?)のBMW Motorrad 主催のGS Challenge というイベントで、静岡県周智郡森町の「アクティ森」に来ています。BMWの中の、オフロードカテゴリーに位置するGSというモーターサイクルだけが全国から大集合!
ラリーさなかがらの「コマ図」を使った楽しいツーリングや、日本一のGS乗りを決める「スキルチャレンジ」等、初心者からエキスパートまでとにかく楽しめるイベント。
私ムトウも、暫し大自然の中で森林浴できました。

b0108670_20463991.jpg
参加者の皆さんはキャンプです。私もトランポにマット敷いて泊まりましたよ!
BBQのステーキ、美味かった!!
GS Challenge へはこちら

さぁ、いよいよ来週末に迫った鈴鹿300kmに向けてマシーン作りも大詰め。

b0108670_20482160.jpg
心の充電も完了。さぁ、気合を入れなおして行くぞ!
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-03 15:32 | ムトウの独り言
ライダー戸田の笑顔
b0108670_1131277.jpgセッティングが決まれば、やっぱり笑顔がこぼれます。
メカニックとのシビアなやりとりが行われていただけに、緊張が緩む瞬間。
スタッフはみんな本当に真剣なので、時には大声で言い合うなんてこともあります。
監督ムトウとしてはそんな時にスタッフ間のコミュニケーションがうまく行くように気配りを心掛けています。
こうした気の遠くなるような細かな積み重ねを経て、
チームの一体感が高まるわけです。
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-05-30 13:20 | ムトウの独り言
ビーター製のタンク
b0108670_13384927.jpgビーターさんで特性GASタンク完成の情報をGET!発信人は、Tras新田さん。
K1200Rの純正タンクは樹脂製のため、レース車検で対応できないのだ(5月の初走行の時、鈴鹿サーキットにて確認)。ビーター製のタンクがないと6月の300Kmにも出場ができない状況だったのだ。皆さん、間に合わせてくれてありがとう!!


とにかくこの素晴らしい完成度を見てください!!しかもタンクの軽量化と24L仕様の両立も実現してくれました!
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-05-29 12:04 | ムトウの独り言
Tras & PIAA BMW K 1200 R
b0108670_1341546.jpg
外装は全てTras によるドライカーボン製カウルで極限までの軽量化・強度アップをはかりました。
今はまだ、塗装前なのでカーボンむき出しですが、本番までにはPIAAホワイトになります。
今日はBSさんの走行会。ゼッケン95は今日の受付番号です。
もちろんタイヤはブリヂストンです。 ほぼ完成したK 1200 Rカッコいいでしょ。
これにスポンサーステッカー貼るとよりレーサーぽくなります。
6月11日にお披露目します。こうご期待を!

b0108670_13412651.jpg

b0108670_13415453.jpg



b0108670_13425490.jpg
・Engine:
ノーマル然とした外観ですが、当然、レーサーとしてのモディファイはしっかり施されています。写真では分かりづらいですが、ノーマルでも163psを叩き出すPowerは昨年までのベースだったR 1100 Sとは異次元の走りを可能にしています。
ズバリ!鈴鹿のストレートを期待してください。



b0108670_13434444.jpg
・Brake:
ブレンボ製キャリパーを装着しました。耐久性、ストッピングパワーは折り紙つき。



b0108670_1344710.jpg
・Meter&Top bridge:
この写真をよく見てください・・・少し違和感ありませんか?
分かる方には分かっちゃうと思いますが、タネ明かしすると、何と・・・
K 1200 RにK 1200 Sのハンドルマウントを装着しています。純正部品を多用しながらの改良です。



b0108670_13442910.jpg
・Step:
ドイツのパワーカップ出場レーサーに採用されていたギルズ製から本格的レーシングステップへの移行中です。沢山の穴は、ポジションを決めるためにあけてあります。
最終的には、かっこよく仕上げます・・・永安さん頑張ってね。
注)ギルズ製は多種多様なライダーに合うように作られた最高級品です!



b0108670_13445445.jpg
・Exhaust:
マフラーはご存知、ササキスポーツからリリースされているワイバン(樋渡さん)に換装しています。出力アップだけでなく、K 1200 Rのエンジンとはあらゆる点でベストマッチ。



b0108670_13454656.jpg
・Suspension :
前輪サスペンションをホワイトパワーに、後輪サスペンションをFG製に変更。BMWのお家芸“コーナリング・マジック”を演出するための逸品です。今後セッティングの状況でさらに進化する可能性もありますよ。サスの世界は奥が深いんです。


b0108670_13462014.jpg


b0108670_13464949.jpg
# by go_suzuka8h_bmw | 2006-05-29 11:52 | マシーンについて