鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もてぎシェイクダウンの感想は
初走行シェイクダウンは武藤の仕事!!
そういえば、2002年の8耐初参戦時のR1100SのNewエンジン慣らし、2006年K1200R-PCR8耐号のシェイクダウン、そして昨年のHP2Sportのシェイクダウン。緊張と期待が裏腹に、胃をチクチクと痛めつけるが、これも天命と楽しんでいます。

HP2Megamotoの完全STD状態から、純正規定での車高ダウンに設定。
外装とGタンク・ハンドル・ポジション以外、エンジン、足回りはノーマルな状態での初走行。過去にも、もてぎライディングパーティー(ライパ)や那須のライパにて試乗車によるテスト走行を実施しているものの、レースを目的とした走公は初めてなので、少し緊張気味!
乗り始めてみると、もともとバランスが良いのはジャーナリストの方々の評価で確認しているものの、自分自身「予想外の驚き」。

走行前のイメージでは「フロントフォーク長い」「ステムヘッド位置が高い」等ハンドリングが悪いのでは。更にはアクスルシャフトがオフセットされているため、切れ込みやアンダーが出やすい。Fフォークのストローク長が160mmもある為、ギクシャクするのでは?等など、何がどうなるのか「とにかく走るしかない!」という気持ちでピットロードに進入(今回は「B」で走行予約取りました)。

なんと走り出してみると
☆高めに感じたハンドルもバンク中にしっかりとタンクカバーをホールドでき、中々いいじゃない。
☆バックステップは抜群の感触、剛性感、タッチ感、シフトの感触どれをとっても最高の感触。
一番の驚きは、15年以上サーキットを走っていて一度も使えなかったリヤブレーキをきちんと使える。リヤブレーキの感触が伝わってくるのです。
ツーリング時は車速も遅いし余裕があるから、リヤブレーキは多様する必需品。
90年代初頭のレースの師匠曰く「リヤブレーキは使用しなくても良い」時代、現代では必需品であうが、武藤の技量では左手でクラッチ握って、左足でシフトダウン!右手でフロントブレーキかけて、アクセルあおり、更に右足でリヤブレーキは無理!!これが18年の歴史的判断・・・・・あー間違いだった!!

なぜ、リヤブレーキが使えたのだろうか
1)武藤がうまくなった⇒X
2)HP2MMの車体バランスが良い⇒○
3)トラスバックステップの品質が高い⇒○
4)バックステップ、シート、ハンドルの調和が良い⇒○
つまり、最適なポジションがライディングに余裕を作り、リヤブレーキを踏ませてくれた。それにより、コーナーへの進入時の安定性が増し、長いフロントフォークのネガな部分をも吸収してしまい、ハンドリングが不安定?という疑問を消し取ってしまった。
いやぁ武藤にとっては最適なポジションですよ!!新田さん
今回またがるのも初めてという中、これだけのポジションを図面上で作り出すTrasの培われた技術力あらため感謝と脱帽です。

☆Fサスペンショウンはコンプレッション「+10」、リバウンド「+10」での設定で走りだす。
走行中にFブレーキをかけると「スッ」と入り込み、ブレーキをリリースすると「ピョコン」と戻る。要は動きが早すぎるため、「リバウンド+2」してみるがまだ改善されず、更に「+2」、コンプレッションン「+2」にしてOK ストローク量は105mmとよしよし!!
どうして160mmのストローク量があるのに105mmしか動かないのだろうか?不思議!!
☆Rサスペンションは標準仕様 、リヤが良く動くのが感じられる。コーナーリング立ち上がり時にフルボトムしているのがわかる、残ストロークを測るとやはり「0」。プリロード2回転かけてみたが残スト2mmとなったが、動き自体は変わらず。スプリング自体を変えないと駄目っという判断。
初走行:走行タイムも走り出し2分35秒から、30、29、28、28、27、27、26、25、24、23秒
とにかく乗りやすい!!テレスコピックサスペンションに乗るのも久々の中、感触を探りながら、バンク角、ブレーキングのタイミング、侵入速度を少しずつ変えて見ながらの走行ながら、予想外のタイムに驚き。
2回目の走行
サスペンションのセッティングをしながら、色々な走り方に挑戦。
苦手の3コーナーの進入時のリヤブレーキ、
130Rのギヤポジ4速で引っ張るか?5速で伸ばすか?
S字旋回中のアクセルワーク
V字コーナーのシフトダウン
ヘアピン、ダウンヒルのブレーキングポイント
一番怖くて苦手なのがビクトリーコーナーのアクセル開度とバンク角
試行錯誤繰り返して、
2分24、24、23、21、20、秒、ピットインしてFショックのダンパー設定リバウンドとコンプレッション「+2」して再走行、23、23、22、21秒。チャレンジ精神がグッグッとでてきて、Rサスのプリロードを2回転+ダンパー調整
3回目の走行
リヤサス少し硬くなったものの柔らかいのは同じ、全体的に乗りやすくなり20秒前後で走行中、黒川選手が2コーナー過ぎのストレートで僕を抜き去り振りかえる。3コーナーの手前から体を大きく左に落とし「こうやって進入のアプローチするの!!」って感じで走りを見せてくれた。もっとキチッと走らなくちゃ…の気持ちが持ち上がり、20、19.8、19.5、19.0、18.9、19.0、18.4でチェッカー。一日に3走行フルで走ったのは初めての経験。更にはその最終ラップでBest Timeは大満足。
僕にとってこの18秒は上出来!前回のCBRの時と条件が違う18秒。R1200Sと比較して明らかにストレートが遅いHP2MM、だけど周回タイムはCBRより早い。つまりコーナリング速度が高い!バランスが最高!黒川選手が走行後に「1コーナーの進入すごくいいよ、速いよ」って言ってくれた。以前は3コーナーで止まっているようだね!とも言われた・・・のに。さぁこれからが本番、楽しむだけじゃなく結果を出すべく努力します
次回の走公は7月5日、6日です

by go_suzuka8h_bmw | 2009-06-29 17:51 | ムトウの独り言
ボクサートロフィーin筑波 決勝スタート直前
今回は、皆さん練習量が多いようで、
予選タイムが「大変素晴らしい」・・・興味のある方は、筑波さんHPをご覧下さい

ちょっと、運動会から競技会になってしまったのか?のごとく、ハイレベルな予選タイム。

今後の展開を考えないと・・・と思う今回
もっと参加台数が増えれば、主催者側も2レース制にしてはくれるのだろうけど・・・
そうすれば、楽しい運動会ボクサーと競技会的エキスパートに分けることができるのですが。

スタート前の緊張?の瞬間

b0108670_225765.jpg
b0108670_22574245.jpg
b0108670_22581595.jpg
b0108670_231025.jpg
b0108670_2312548.jpg
b0108670_231448.jpg
b0108670_232470.jpg
b0108670_2321929.jpg
b0108670_2323087.jpg
b0108670_2324249.jpg
b0108670_2325449.jpg
b0108670_2331295.jpg
b0108670_2332749.jpg
b0108670_2334020.jpg
b0108670_2335243.jpg
b0108670_234544.jpg
b0108670_2341764.jpg
b0108670_2342965.jpg
b0108670_2344128.jpg
b0108670_2345555.jpg
b0108670_2351312.jpg
b0108670_2352582.jpg
b0108670_2353896.jpg
b0108670_2355637.jpg
b0108670_2361250.jpg

b0108670_1031097.jpg
b0108670_2362994.jpg
b0108670_2364695.jpg
b0108670_2371729.jpg
b0108670_2373068.jpg

一生懸命写真撮りましたが、写っていない人がいたらごめんなさい。
おゆるし下さい・・・

by go_suzuka8h_bmw | 2009-06-28 23:10 | ムトウの独り言
大人の運動会、ボクサートロフィーin筑波
大人の運動会、ボクサートロフィーが筑波サーキットで開催されました。
峠でスピード出すなら、サーキットで楽しみましょう!!がモットーです。
1995年から、ムトウの会社員人生「2転3転」しながら継続しているイベントです。

今回のボクトロ「意思協賛者」は29名
おもいっきり楽しんだ「顔」「顔」「顔」
バイクに乗って「こんないい顔」しますか~(^^;

b0108670_22402568.jpg
b0108670_2240477.jpg
b0108670_2241646.jpg
b0108670_22413019.jpg
b0108670_2241545.jpg
b0108670_22421219.jpg
b0108670_22423497.jpg
b0108670_22425852.jpg
b0108670_22432229.jpg
b0108670_22434631.jpg
b0108670_2244992.jpg
b0108670_22445071.jpg
b0108670_22451111.jpg
b0108670_22453624.jpg
b0108670_22455596.jpg
b0108670_22462155.jpg
b0108670_22464055.jpg

みんな楽しかったんだよね!!
by go_suzuka8h_bmw | 2009-06-28 22:48 | ムトウの独り言
ライダー復活への裏話
さぁ今回のライダー復帰にあたり、スピードに慣れるため秘密の練習に行ってきました。
以前にも、TZ250で練習したに後に、自己ベストタイム2分14秒を出したこともある。
今回は、小川君のCBR600を借用しての練習!!
本当はR100GS改(2006年もて耐参戦車)にて練習走行をする予定でしたが間に合わず、急遽車用という事になりました。

僕は、1992年から本格的(素人ながら)にサーキットを走り始めましたが、BMW以外の車両に乗るのは、過去にはこの2台だけ。とにかくチェーンラインの車両には乗った事がなく…BMW Onlyのライダーです。


TZ250に関して、このブログの2007年5月頃を見直してくれれば記載してあります。
CBR600はとってもバランスの良いバイク、コーナーリングも左右対称⇒癖はなく、シフトチェンジのショックも全くない。オートシフターも装備され、ルンルン気分の操縦性でした。ただ回転を下げるとパワー・トルクがないため、立ち上がりで加速しない! コーナーリング中も回転をキープして走るというテクニックが必要となる。今回調子良かったのは、そのような行動が、自然に習得し実践できた!!ってこと。RCの根本先生のお言葉で、「調子がいいのは、普段と違うってこと!つまり、何かが違うぞ!?」って心に注意信号を灯しなさい。て言われますが・・・

努力もしました!今年のライダー復活のために「スポーツジム」通い、走りこみと筋トレを行ったせいか?とも思い、努力の結果「運動神経」を再成長してきたのかと苦笑い。結果2分18秒台周回でき、大満足でした。R1200Sで引っ張ってくれたK村さんありがとうございました。R1200Sよりストレートスピードが速いCBRで裏ストで抜かせて頂きました(^^;その時の写真です…似合わないね!

b0108670_23151178.jpg

裏話1 一年ぶりにもてぎのスポーツ走行を予約
もちろん、久々の走行+初めてのCBRなので「A」を予約。
当日は初心者ベストを着用しての走行・・・みんな速い速い!どうしてこんなに速いの?と思っていると、赤旗中断。ピットに戻ると、モテギのスタッフが歩み寄り「初心者ベスト着用者走行できないんですよ」と一言。筑波と茂木は「A」「B」が逆だった!!
*もてぎは速い人が「A」遅い人は「B」、筑波は遅い人が「A」速い人が「B」

そんな訳で、2回目はベストを脱ぎ慣らし運転の「ナ」を背中に貼り付け走行、再び赤旗中断でピット戻ると、「A」の走行では慣らし運転は禁止です!!とのこと。
b0108670_2318213.jpg
ガーン!!3回目は、みんなが出ていった後に、邪魔にならないように、ラインを一本はずして走行させて頂きました。いやぁ怖い怖い・・・ほんとに怖かったです!!
次の走行は、ジャンケンで「B」を勝ち取り、何とか走り「バイクの楽しさ」を取り戻しました。楽しい楽しいスポーツ走行でした。皆さんも注意して下さい(僕だけだよね(^^;)


Tras & elf Racing Teamのマシン概要
エンジン STD
足回り  STD
排気系 STD
ブレーキ STD
改良箇所
ハンドル回り
バックステップ(もて耐使用後⇒つまりテスト後にトラスより発売されるかも?)
b0108670_23262929.jpg

24Lガソリンタンク(24lを使えきれる体力は、武藤にはありません)
b0108670_23273297.jpg
Trasオリジナル「ドライカーボン・タンクカバー」&「シート」
b0108670_2322620.jpg
b0108670_23224054.jpg

秘密のOILクーラーの空気清流版(ドライカーボン)
b0108670_23242036.jpg

ストリップ状態カッコ良いでしょう
b0108670_2328514.jpg

これからやること…
OILキャッチタンク取り付け
中低速のパワーアップ(Sasakiさんのマフラー装着)
サスペンションの見直し(スプリングレート等)

おっと、今週の土曜日は「ボクサートロフィー筑波」です。28名のBMW乗りが、大人の運動会に参加してくれています。時間ある人応援に来て下さい。
by go_suzuka8h_bmw | 2009-06-25 23:36 | ムトウの独り言
またまた、もて耐に参戦致します
2009年もて耐マスターズに参戦致します。
すでにBMW BIKESをご覧になられて方もいるかと思いますが、
b0108670_20213278.jpg


武藤は監督からライダーに変身致します。
久々のライダーに集中して頑張る所存です!!
b0108670_20251370.jpg

バイクまたがる姿が様になっていない。

今度のチーム名は写真を見れば感じて頂けると思いますが…
「   &    」Racingです。
回答は・・・

b0108670_20264335.jpg
ちなみに監督は「BIKES編集長」永山さんです。
Boxer Sports Clubの基本モットーはBMWでサーキットを楽しむ事。
小川・鶴岡・武藤・松下の4人でエントリーはしたけれど、
順位よりも、BMW HP2Megamotoでどこまで楽しめるか!?
こんな感じで、今年も頑張ってみます。

応援宜しくお願致します。

by go_suzuka8h_bmw | 2009-06-22 20:27 | ムトウの独り言