鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
おじゃまします(^^;)
みんなが2006鈴鹿8時間耐久を終えて感想をレポートしてる時にわり込んでスミマセン!
Tras の新田です。
先日お知らせ致しました”知的・産業クラスターフォーラム2006in浜松”のご報告。
さすが、バイクの町浜松!

b0108670_2353376.jpgホテルロビー吹き抜けにSUZUKI・HONDA・F.C.C(今年の8耐総合優勝チーム!)のオートバイ展示スペースが当たり前のようにあるのです。それもモーターショウのようにパネルもあるしライトアップもされていて本当に驚きました。
そのような状況なので、堂々と胸を張ってBMWK1200R8耐マシン3号車をホテル内展示スペースに持ち込んじゃいました。

今回の研究展示会は、産学官の交流を図り新産業を創出していく・・・・まあ難しい話はぬきにしましょう。どちらかというと、講演会(片山さつき経済産業大臣政務官のご挨拶に始まり)参加に絡めて展示会を見る。普段はBIKEには興味のない方たちが多かったのですが、Trasブース前で足を止めていただいた方たちは・・・

b0108670_2364043.jpg『うお~BMWもレースしてるんだね!このバイクは新型なのカッコいいじゃない!時代も変わったもんだね~。』とか『オールカーボンの外装を作るなんてさすがBMWだね。』というような質問をされる(それなりに年配の)方たちがほとんどでしたが、みなさん車両をなでたりカーボンの裏側を触ったり様々な角度でK1200R Racerを観察していただきました。
そのような中でも意外だったのは、BIKEに興味のある人達が数名いらして、鈴鹿8時間耐久レースを過去に見に行ったよ!(1982年の台風直撃の時に見に行ったんだ~なんて熱烈な8耐ファンの方もおりました。)あ~8耐ね知ってるよ!と8耐の認知度の高さには少し驚きました。
また、「あ~今日BMWのレーサーが見れるなんて思わなかったなバイクが好きでK1200Sに乗ってるんだけどこのマフラーかっこいいね!K1200Sにも付くかな?」とBMWオーナーもいらっしゃいましたよ。(ササキスポーツクラブに問い合わせしてくださいと言いました。)
今後も、機会があれば産業界の展示会でもBMWK1200R8耐マシン3号車を展示をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。
来年の活動計画は未定のようですが、K1200Rで挑む!ファンの皆様のご意見や活動提案を、コメント書き込みジャンジャンお願いします。
武藤監督のことですから、皆さんのコメントを参考にして”来年の活動計画決定です!”なんてことになるかもしれませんネ。
それから、弊社Trasのホームページをリニューアルしました!こちらもチェックして下さいね!
※Tras ホーページ はこちらから。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-31 23:00 | Staff紹介
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その3)
b0108670_19285563.jpgヤナセオートの寺嶋です。
早速、レポートさせて頂きます。


b0108670_1930731.jpg『イタリアチームとの水のかけあいが、なぜか楽しかった』


b0108670_21334446.jpg8耐にチームスタッフとして参加させていただきありがとうございました。
昨年までのフラットツインとは全く異なる、4気筒マシン、K1200Rでの参戦と聞いたときは
”えぇっー! いじったことない! と思ってしまいました。
ただ、当店の試乗車の中で、私自身が一番気に入って乗っているのが、K1200Rなので
興味はありました。
8耐当日を迎えるまでの数ヶ月間、多くの方(ブログに登場している人、してない人)の苦労と努力があってこそ実現されたプロジェクトだと思います。

b0108670_19491390.jpg基本的にノーマル車輌を、レギュレーションに合わせるためだけに施した改造の内容を聞くと、大変な作業だったなぁと思います。
私は実際、当日までは何も手伝えなくて、なんだか申し訳ありません!という気持ちです。
またの機会があるまでに(あることを期待しています!)、もっと勉強しておきますので、また声をかけ下さい。
ゴール後、『イタリアチームとの水のかけあいが、なぜか楽しかった』です。


b0108670_19512362.jpg
b0108670_19472348.jpg高崎から仙台に引越しをされたグッチフリークだったYさんがBMWの応援でピットに来てくれて、久々の再会をし、話を聞いたら、数台のBMWを乗り継いでいるとのことでした。
うれしかったですねー。
来年のOHV対決、楽しみですねー。

b0108670_1492750.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-31 13:15 | Staff紹介
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その2)
b0108670_12185772.jpgスタッフレポート第2弾。
ササキスポーツクラブの岩間です!


b0108670_1242083.jpg感想は、まず・・・『来年もやらせて~』ですねぇ。
パワーカップ用の車両というベースはありましたが、もとはネイキッドのツーリングバイクです。
鈴鹿8耐というスプリントの繰り返しのような、ハイペース耐久を戦える車両に仕上げるには、するべきことが多すぎました。
レース車両には重要なサスペンションですが、市販車より強化してあるパワーカップ用のサスペンションでさえ、日本のサーキットの路面(μがヨーロッパに比べて高い)とBSスリックタイヤの強力なグリップでは全く役不足でした。R1100Sのときよりストレートは早いがコーナーは遅いという状況から始まり、レース車両では重要な車重もおも過ぎてつっこめない!!なんてライダーの意見も・・・。K1200Rでやると聞いたときから予想していたことが鈴鹿を走らせてみると、予想通りにおきてきました。

b0108670_12533852.jpg私は鈴鹿市在住で、車両が鈴鹿に来た時だけメンテナンスするのですが、テストに鈴鹿に来る度、問題を解決するようなモディファイがしてあるのです。
私はモディファイしていないので苦労話は高瀬さんに任せますが、レース用パーツが無いK1200Rなので、ワンオフパーツで毎回階段を登るように少しずつ車両を仕上げていく姿に惚れ惚れしていました。耐久レースですので、速くても8時間走りきれなければダメ。今回は、車両の耐久性を確保するモディファイが主で、タイムを縮めるモディファイは十分にできないまま8耐を迎えています。
武藤監督と勝手に立てた目標 Div2クラスコースレコードと決勝200周は達成できませんでした。このまま、あと1年階段を登れば達成できるはずです。
b0108670_1303881.jpg
そこで 『来年もやらせて~』 なのです。

b0108670_12212520.jpg最後に、このレーシングチームに参加する為に協力してくれたササキスポーツクラブ、応援して頂いたお客様、トラス&ピア・レーシングに関係する方々、新たなBMW Motorradの楽しみを教えてくれた武藤監督に感謝します。Unlimited Challenge!!
b0108670_19383063.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-29 18:05 | Staff紹介
NEWS告知させてください!
どうも(^^) Tras の新田でございます。
バイカーミーティング、お疲れ様でした。また、ムトウさん夏休み充実していたようで何よりです。
鈴鹿が感動のうちに幕を閉じ、白馬でのバイカーミーティングも終わると、もうすっかり夏も終わりに近付いているのを実感する今日この頃。夏に飛ばしすぎた方は少々クールダウン・・・するわけないですね(^^;)
秋は絶好のバイクシーズン!益々元気に行きましょう!!
と言うことで・・・
b0108670_1629888.jpg私たちも益々活発に活動して行きます。来年の(?)新たなる挑戦を目指して・・・。
今日8月28日(月)から29日(火)16:00まで”知的・産業クラスターフォーラム2006 in 浜松”がグランドホテル浜松にて開催されますが、そこにTrasが出展することになりました。
さて、このイベントでトラスが何を出展し、何をプレゼンテーションするかですが・・・
もちろん!!”2006年の鈴鹿8耐参戦マシン”「K 1200 R Racer」を主体に、カーボン製品のもつ機能美や造形美、更にカーボン製品のもつ将来性や機能性などをプレゼンテーションできたらと思っています。

b0108670_1631265.jpg8耐参戦マシンを間近で見てみたいと言う方がいれば是非、会場に足をはこんで頂ければと思っています。
会場でお会いするのを楽しみにしております。応援よろしくお願いします!!

※知的・産業クラスターフォーラム2006in 浜松 の詳しい情報はこちら。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-28 16:34 | Staff紹介
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて・・・
b0108670_13435177.jpgこんにちは。モトパークの高橋です。
今日から連載(?)でスタッフ一人一人の「8耐レポート」をアップして行きたいと思います。
第一弾は私から・・・。


b0108670_13514667.jpg自分にとって『一番感じたレース』
今年の8耐を終えて思うことは、と言っても・・・いつも思うことはいっしょ。
8耐に参加して5年目。レースが終わったときの感動と達成感はなんとも言えない。でも時間が少し経つと、「あの時、○○○をやっておけばよかったのかなぁ。ライダーは一所懸命走ってくれたのに、自分はそれに対して・・・?」と自問自答。
ただ5年目はちょっと違った。
b0108670_1354278.jpg金曜の夜、メカニック仲間と『今年は楽だねぇ』等とお酒を飲んでいるときに、フラット柳澤社長(おやじさん)から一言(喝)「おまえら!レースはそんなにあまくない。車両を出来る限りばらして、各部を確認しろ!!」
公式練習、予選と大きなトラブルも無く、レース本番を迎えてしまうため、自分を含めメカニックたちの気持ちを引き締めるために、車両を限られた時間内に出来る限りばらし各部の確認作業を命じたのだ。さすがチーム重鎮おやじさん。凄いと思った。車両整備だけでなく、メカニックをまとめる力は学ぶべきものがあった。

b0108670_14135672.jpgレース本番、小さなトラブルはあったが、メカニック全員の力でトラブルを修復し、レースに復帰させた。結果189周無事完走+クラス優勝。
完走できたのは、監督、ライダー、ヘルパー、メカニック、チームスタッフ全員の力。いままでのレースの中で、自分にとって『一番感じたレース』でした。
また、300Kmの助っ人ライダー中井さん、8耐の助っ人ライダー今井さん。有難うございました。今井さんの『お前等サイコー』の一言は最高。

b0108670_14173018.jpg最後に、Tras&PIAA Racingに参加させていただき、有難うございました。今迄で一番のチームだと思います。改めてチームスタッフ全員に感謝します。
次回があるなら、出来る限り参加させてください。
これからも宜しくお願い致します。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-28 11:36 | Staff紹介
ライディングパーティーにて・・・試乗会・・・
長~い夏休みを頂き、久々の書き込みです。
先週は、休み明けいきなり出張+会議等で休みボケしている暇もありませんでした。

b0108670_235842100.jpgさて、8月25日・・・ライディングパーティーもてぎに参加(仕事)してまいりました。

試乗車のチェックの為、先導付き完熟走行x2回とフリー走行1回の合計3台の車両チェックをしてきました(^^; 楽しかった。今回は8台のR1200Sと2台K1200R・K1200Sを会場に用意!!

b0108670_10493444.jpg久々のサーキット走行は実に楽しい。先導さんが後続車のペースを見て走ってくれるので、本当に楽しいペースで走れました。ムキにならず・・・楽しめるペース!!これが大切なことですね。
ムトウはR1200Sに乗ってみて、R1100Sの8耐号となんら変わりが無いので、ちょっとビビりました。というのは、車両重量感・パワー感・ブレーキ感覚に違和感がないから、あれだけお金掛けたのに、さらっとこんな感じで走れると・・・という驚きです。実際、重量は変わらない!パワーはさすがに15ps違うけど、ブレーキも良く効くし・・・申し分なしかなって感じです。次回は9月9日岡山国際サーキットで開催されますので、ライディングパーティーのHPを要チェックしてみてください。今回と同等の試乗車を用意する予定です。

さて、今回のもうひとつの目的は・・・K1200R、8耐号の試乗です。
根本さん、山田さん・・・今回参加されるプロの方々に乗っていただき、良しも悪きもご意見を頂き、これからの参考にさせてもらいたいと思っております。
少し不安もありますが、楽しい時間でもあるのが正直な気持ちでした。


b0108670_1141830.jpg最初に山田純さんに乗ってもらいことになりますが、久々なサーキットということですっかりボケをかましてしまいました。タイヤウォーマーを忘れてしまいました!!
スリックタイヤは内部までしっかり温めないとグリップ力やハンドリングに大きく影響をもたらしてしまうので、ウォーマーは絶対必需品なのです。・・・純さん、すみません。
『今回の車両は、8耐終了後から何も手を入れた状態ではない・・・』つまり、これから9時間目に入るような状況での試乗です。もちろん安全面でのチェックはちゃんとしてあります。
というわけで、純さんはゆっくりとコースイン。3周位、細部を確認しながら走っているが、中々ペースアップしないな?と思っているとピットに戻ってきた。 あれー何かまずいことあったかな?と心配していると「タイヤ暖まっている?」と一言。・・・・・「ハイ」というと、再度車両チェックしてコースイン。  良かった・・・とムトウは思いながら、純さんの戻りを待っていると・・・

b0108670_1432471.jpg先ほどとはまったく違う速さで最終コーナーを立ち上がってきた。メインストレートで純さんが伏せている・・・真剣に走ってくれている。嬉しい!!
走行後のコメントは「エンジンの吹けあがりに山が二つあるね・・・アクセル戻したときに、反応が遅れる。フロントサスペンションもいかんなぁ」、「車両剛性も悪くないし、さっき言ったポイントはセッティングで直るから良いんじゃないの」「鈴鹿サーキット15秒のポテンシャル?・・・やり方次第では、いけるんじゃないかな」と好意的なお言葉を頂き一安心のムトウ。


b0108670_1174917.jpg続いてキャプテン竹田津さん「タイヤが暖まっているうちに乗って下さ~い」の声にあわててヘルメットをかぶりコースイン。メインストレートを過ぎ、はっ速い!!第一コーナーに消えてゆく姿が早い。コースインして最初の第一コーナーなのに・・・!! わずか4/5周でバイクの特性を掴み、その感覚で第一コーナーに侵入するのはすごい。やはり乗りなれた人は違う・・・と感心するムトウ!コメントは「楽しいですよ!このバイク。本当に楽しいですよ、もっと乗りたいけど次の人もいるから」と楽しそうに語ってくれました。


b0108670_1194633.jpg午後からクラキンこと高橋RC編集長・・・タイヤが冷えてしまっているので完熟走行。熟練の走りを見せてくれながら細部のチェックをしている模様。走行後のコメントは「重心が低いから、切り替えしが重いでしょ」の質問に「いやいや、最近のバイクはクイック過ぎる傾向にあるから、僕にはちょうど体力的にピタッとあって良かったよ」とのこと。更に「このバイク楽だから、ルマンのような24時間耐久なんかに出ると面白いかもね」と特性を理解していただけたコメントでした。


b0108670_11134565.jpgつづいて宮城光さん。乗る前に「どうしてこんなにシートがたかいの?」の質問に「これでも3cm下げました」と言ったら、次の言葉を失いながらまたがってみて・・・爪先立ちで「でっデカイ・・・!!」と一言、コースイン。

b0108670_11145416.jpgさすがに宮城さん・・・速い、第一コーナーへの消えてゆく姿が早い。ピットレーンで見ていた参加者の人が、馬力が違うね!!速さが違うよ!!って感心していました。「エンジンノーマルです。マフラー変えただけです」って言ったら「腕が違うと、バイクも速いね~」だって。ムトウも同感でした。走行後のコメントは「大きさには直ぐ慣れたし、気にはならなかったよ。よく出来ているよ」嬉しいコメント「だけど、オートシフターが駄目だよ!!これじゃライダーが疲れる。もっと調整してあげないと、もったいないよ」・・・そうなのです。本選の前からしっくり行かなくて、時間切れで本番突入してしまっているのです。さすがライダーの視点からのコメントありがとうございます。

b0108670_11204934.jpg最後にボス根本健さんの登場です。時間は3時半過ぎ!! 

b0108670_11213460.jpg朝から先導・ジェットコースターと一度も皮つなぎを脱がず、走りぱなしで・・・最後のジェットコースターを終えて直ぐのコースイン。本当に根本さんのライダー体力には脱帽です!!2周3周と楽しそうに走っているのが良くわかるライディング・・・きれいな走行でした。試乗後のコメントは、「BMWはまじめにバイク作っているよ!!本当に良いエンジンだよ」「鈴鹿の後だから、サスペンションセッティングははちゃめちゃだけどね。プッシングアンダーがひどいね」「まぁそんなことより、楽しいバイクだよ・・・うん、良いよ」と嬉しいコメントでした。誰一人、速いというコメントは無かったけれど(期待していないけど)、楽しいバイクと言って貰えたの嬉しかった。早速みんなに電話で報告したムトウでした。次回の岡山にも持ち込む予定ですので、その時はまたみんなで楽しんでください!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-28 00:03 | マシーンについて
ごめんなさい・・・書き込みできなくて
ムトウです。

毎日沢山の方々が・・・見に来てくれているの、書き込みが出来ません。

鈴鹿が終わり、ブログのタイトルも・・これでいいのかな?・・等と悩んでいます。

悩んでいても仕方が無いので、今週の出来事を少々書かせていただきます。
お盆明けからは、メカニック個々の「感想」を記述してゆく予定です。

b0108670_18135975.jpgバイカーミーティングナイトパーティーで盛り上がっいた夜のこと。

○○監督は大量の「炭酸入り麦酒」に○○○○という混合酒を混ぜ、超元気!!
舌の回転は鋭く、次から次へと話題は飛び・・・戻って来たところの話は・・・
「鈴鹿どうする・・・・・ムトウ!!・・・・Wui」
「このままじゃK1200Rが可哀想だろう・・・!?グゥビィ」
「15秒は切れるだろう・・・なぁ○井君」⇒「足回り、しっかり詰めれば行けますよ!!」

「だろ~・・・・・・・・・・・最初から、そう思っていたんだよ」

「きちっと、やれるところまで詰めてみよう・・・来年、いや今年から」
「それやりましょうよ・・・・・、僕も乗せてくださいょ」と、イケメン勉ちゃん!!
興味ありげにマフラー○○○○さんも、ウンウン!!⇒一度乗って下さい!とムトウ(^^;

25日のライディングパーティもてぎにて、ジャーナリスト試乗会???
まずは、いろいろな人に乗ってもらい、記事にしてもらいます。
その記事の中で、改造箇所の詳細を説明できたら良いかなと思っています。

☆次のライディングパーティ岡山にも持ち込みます。
※ライディングパーティーの詳しい情報はこちら。
☆11月の鈴鹿フルコース走行会(お問い合わせは、鈴鹿ササキスポーツクラブ)には、当然走らせます。
※ササキスポーツクラブHPはこちら。
そして、月曜日の夜、品川で真っ黒な顔の男達がビールを飲みながら、昨日までのご苦労さん会を実施。
その席でも「来年どうするんですか・・・鈴鹿?」の質問あり。
どうしましょうか?ボスがムトウの顔を見ながら「どうしますか」とまたムトウに話が戻る。

ムトウは「鈴鹿8耐が無くても・・・鈴鹿で走らせたい」「どこまで出来るのか・・・やってみたい」と思っている。
事を伝えると・・・即、「やりましょうOK」・・・・・・・・・・・・!!

○○監督が+ボスが・・・残るは、あの人の協力を取らねば。



b0108670_18145552.jpg早速、本日、「鈴鹿8耐 XX-F Div.2 Winner」と書かれたトロフィーをお届けに行って参りました。
実物をしっかり見たい人は、そっと見に行って下さい。2階のカウンターの上に置いて来ました。
「300km優勝」と「8耐Winner」の二つが並んでおります。
(右の写真はバイカーミーティングの際のものです)

これから先は、未承諾なので「・・・つづく」って感じです。


b0108670_10393737.jpgムトウ、明日からしばし「漁師+自然人」になってまいります。
福島の山奥にあるキャンプ場をベースに「天然イワナ」と勝負してきます。(右の写真は昨年のものです)
当然、電波/携帯(何処も⇒Docomo)も繋がらない場所です。
★熊が下りて来ているみたい(^^;



b0108670_1039104.jpgお盆明けまで、ブログお休みさせてください。

毎日見に来ていただいているのに、何も変わっていないのでは、大変失礼なので
「夏休み宣言を致します」ご理解下さい。

ムトウ
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-11 01:04 | ムトウの独り言
応援ありがとうございます
ムトウです。
白馬から大渋滞を避けながら、やっと帰宅しました。


白馬にご来場頂きました沢山の皆様・・・本当にありがとうございました。

8耐、3名のライダーと名誉監督・総監督それとムトウのトークショー如何でしたでしょうか?
時間が無かったので詳細まで語ることは出来ませんでしたが、
今後どこかで「ライダーの心境」「監督達の葛藤」「メカニックの苦悩」「マシンの叫び」等について、
文章化するようしたいと思います。
どこかで一晩語り明かそう「・・・06年の鈴鹿」的な企画(飲み会)もやりたいと思っています。

今回のトークショーで語りお伝えしたかったのは、
スタートシーンの緊張とゴール後の花火の感動です。
出来る限り、本物に近くする為「鈴鹿のスタートの生音声のカウントダウン」
戸田さんの本物K1200R・・・8耐マシンに乗った登場シーン
感動の花火を「応援してくれたみんなで見たい」ということで、打ち上げさせていただきました。

鈴鹿ではなくても白馬で感じで頂いた、「僕らの8時間⇒短縮の30分」鈴鹿の魅力ダイジェストでした。


今回のTras&PIAA Racingの鈴鹿8耐を、本当に多くの人が「応援」してくれていたのかを、
白馬に来てて改めて痛感いたしました。会う人・すれ違う人が・・・
完走(クラス優勝)おめでとうございます!!・・・と、声を掛けて頂、大変驚きました。

b0108670_18122322.jpgTシャツ編
隣の「」バイカーミーティングTシャツは長袖/半袖2枚セットで5000円」。
だけど僕らのチームTシャツ(5000円)は、枚数少ないからコストが高い。
「5000円」もするスタッフTシャツを、
喜んでご購入いただいた方々が19名もいらしたことが本当に嬉しく思います。
・・・ご購入頂いた方々には、コストやチーム背景を説明させていただき
「ムトウのブログを見て頂いている方には・・・販売の背景ご理解頂けると思いますが」
と、お伝えしたら・・・皆様が、見てます!!だから、ここに来ました。
☆ずーっと応援していました!!
☆初めて鈴鹿8耐を生で見ました。
☆BMWを見たくて鈴鹿に行きました・・と言ってくれたご夫婦の方等、
本当に沢山の方々が応援してくれたいたのを、生の声で実感いたしました。

ご購入いただいた方々、改めて感謝いたします・・・!!
頂いたお金は、次回のスタッフミーティングに活用させて頂きます。
是非、次回はお会いするときには、Tシャツ着てきてください。

疑似体験編
8月25日:ツインリンクもてぎ開催される「ライディングパーティー」には、
鈴鹿8耐マシンのデモラン&K1200R・K1200S・R1200S等、
沢山のBMWの試乗車を持ち込みます。

完走したから書けますが(トークショーでしゃべっちゃた(^^;
鈴鹿で走りきったK1200Rは基本的にスタンダード仕様です。

フロントのブレーキローター&キャリパーをモノブロックのブレンボ(02年から使用している物)、
排気系を樋渡さんのマフラーへ、前後ホイールをBITOさんのマグタン(近日発売予定)に、
それとレギュレーションに合わせた基本的な変更。
軽量化とポジショニングのためのTras製(本当の)ドライカーボン外装だけでした。
☆・・・(メカニックによる細心のメインテナンスとライダーのマシンに対する愛情の結晶)でした。
★他にも書きたい車両編は、もう少しお待ち下さい。


仮に来年が無くても、「Unlimited :Challenge」僕達の夢は発展いたします。
だって、まだ200周していないから(^^;

まだまだ続きますよ・・・気分最高のムトウです。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-07 02:02 | ムトウの独り言
「鈴鹿8耐」トークショーin 白馬
b0108670_22545573.jpgムトウです(^^)トークショーの模様(写真)をお届けしますね。ライダーの斉藤、今井両氏と熱い語りを展開しているムトウでございます(^^)

b0108670_22561259.jpgライダーの戸田さんが実際に実物の8耐マシーンをライディングして会場入り!俄然会場は盛り上がりましたよ!!


b0108670_102436.jpgマシーンを受け止めるのはもちろんTrasの新田さんです!


b0108670_22592899.jpg拍手でステージ上の斉藤さん、今井さんが戸田さん(革つなぎ姿!)を迎えます。


b0108670_132465.jpgまさにフル・ラインナップ!!(^^)感謝を込めて、ご紹介します!Tras&PIAA Racing のライダーです!!


b0108670_2314555.jpg名誉監督の山田純さんもノリノリ(^^)ちょっとお酒が入って良い感じです!ま、バイカーミーティングの楽しい席なのでお許し下さい(^^;)


b0108670_23121881.jpg裏話も飛び出して鋭いムトウの突っ込みが斉藤さんにも・・・斉藤さんちょっとドキドキ?


b0108670_235692.jpg8耐マシーンのK1200Rもギャラリーの方々と一緒にトークショーを聞いていました。


b0108670_2372722.jpg名誉監督の「とっておき裏話」に一同爆笑(^^)山田純さん、冴えまくってます!!


b0108670_2398100.jpg何年も8耐をBMWで走っている戸田選手だからこそ話せる「BMW鈴鹿攻略法」が明かされる・・・。


b0108670_1181591.jpgキャリア豊富な、戸田、今井両選手から斉藤選手へのアドバイス。ここでしか聞けませんよ(^^)


b0108670_23102893.jpg今井さんは本当にイケメンですね・・・(^^)そして8耐でライダー交替の時も、この笑顔でしたっけ。


b0108670_2311264.jpgいや、もうそこまで話しちゃって良いのかな?(^^;)ってくらい裏話のオンパレード。


b0108670_23134756.jpg名誉監督の山田純さん、本当にありがとうございます(^^)


b0108670_23144797.jpg「あの時見た花火・・・感動的だったよね。」の言葉と同時に・・・


b0108670_23163554.jpg白馬の夜空に突然、花火が打ちあがる!!


b0108670_23174275.jpgムトウも思わず喋るの忘れて見入ってしまいました・・・。


b0108670_2319418.jpg鈴鹿で見た花火の感動がよみがえる!!会場の方々と想いを分かち合えた瞬間でした。


b0108670_1225759.jpg応援してくださった方々、本当にありがとう!!


b0108670_23204423.jpgこれからも変わらず僕らのUnlimited:Challenge に応援よろしくお願いします!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-05 23:02 | ムトウの独り言
K1200Rサイドカー付きも!
b0108670_1511320.jpgムトウです。あれ??今井選手??ここは鈴鹿ですか???

b0108670_15121220.jpg
実は・・・今日の「鈴鹿8耐」トークショーのために今井さんが駆けつけてくれました!(^^)


b0108670_1513777.jpg
鈴鹿のマイスターこと岩間さんと、かたい再会の握手を。


b0108670_1816221.jpg
山田名誉監督と、しばし談笑。
今井さんも「凄い数のBMWが集結してますね!」と驚いていました。


b0108670_1895636.jpg
K1200Rのサイドカー付きもお目見え。
これはこれで凄くカッコいいかも・・・(^^)


b0108670_18123761.jpg
第1ライダーの斉藤さんは・・・お仕事していました。
頑張ってね!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-05 15:19 | ムトウの独り言