鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
カテゴリ:マシーンについて( 31 )
7月12日の出来事…

ビトーさんは凄い!! スウィングアームの加工をしてくれました…!!
b0108670_0324938.jpg

リア・クウィックリリース作ってくれました。
超カッコイイ!!写真を見て下さい
これでマシンの装具は超一流です。
こんな貧乏チームなのに
これで・・・20秒短縮 20秒x7回=140秒÷135秒=1周

WPのリヤサス
が装着されました・・・
b0108670_0361113.jpg
今までオーリンズで煮詰めてきた仕様からの変更です!!
さぁ・・・どうなるのでしょうか?
ライダーさん頑張って下さいね

Tras新田さんはすごい!!
テールカウルの改良を行いました。
b0108670_0373267.jpg
秘密兵器が装着されたりして、テールカウルの脱着が頻繁になり
あれれ…って感じで、こんな改良がされています。
b0108670_0381098.jpg
これも全てドライカーボン

過去7月12日の出来事でした・・・

by go_suzuka8h_bmw | 2011-07-28 00:40 | マシーンについて
HP2Megamoto
マシーンついて

今までにやった事は

□外装の改良⇒Trasオリジナルカーボン=軽量化
□ハンドル、ステップの全面的改良=最適なポジション
□24Lのガソリンタンク=長時間の連続走行を可能にする
□Sasaki製HP2エンデューロ用マフラーの装着⇒低速トルクと最高速UP
□サスペンションのセッティング変更

それ以外は、
ブレーキ・ホイール・Air Boxすべてスタンダード仕様
部品が無いのも理由の一つですが、基本的には昨年同様「ノーマル」に近い状態で走らせたい!!という、我々の意向も強い事をご理解ください。

現在は、シートストッパーの取り付け+ブレーキレバーの変更、細部のメインテナンスを実施して予選に取り組む予定です。
これまでのマシーン調整は、群馬のモトパーク高橋社長にお願いしています。
高橋社長の数ある愛車の1台がHP2Megamoto、部品製作やセッティングのための試作車状態になってしまいました。 ありがとうございます…ちなみに、レース当日のスペアホイールも借用致します。


今までの試行錯誤

足回り Fフォークの長さ及びオフセットについて 
倒立フォークの変更(新品購入)+ステムの変更(オリジナル製作)を検討したが、
いきなり部品を購入して、オフセット量も計算だけで作るのも危険(金銭面)なので、とりあえず走ってから考えよう・・・ということに!!
STDから最大の突き出しに変更した。ダンパーも-14ノッチ。
しかし、走ってみたら「予想外」の問題なし!!の結論。
もちろん、2分2秒で走る為にはネガティブな面はあるけれど、街乗りの延長線上でのサーキットランを目指したTras&elfのポリシーとしては、大丈夫…という結論。

足回り Rサスペンションのセッティング
車高調整STD-1回転、ばねレートの変更(STDの11kg⇒12kg)、プリロード15mm、ダンパーは+12もちろんライダー好みがあるので参考レベルで

ステップの位置
モタードということでステップ位置が低いのは仕方ない!!
どのように、どのポジションに位置決めするかが問題だった。
武藤のこだわりは90年代の改造レーサーポジション。ステップからシート着座面までの距離42cm前後、ステムからステップの垂直上までの距離62cm前後・・・。これが、幻のトライアングル(現在のモデルはもっと其々の距離は短いので参考にはなりません)。そんな依頼を新田さんに幾度となく話かけたのが功を奏したのか、武藤にとっては最高のポジション(6月29日レポート)だった。他のライダーからも不満はなく、改めてTrasの開発技術力に脱帽でした。今後もて耐の使用結果をみて、要望があれば製品化しようかなという状況です。ちなみにTrasは部品販売業ではなく試作品開発製作が主たる業であり、BMW用パーツは全てスポーツライダーのためのご提供です。

排気系マフラー
スタンダードのアクラボビッチも悪くはないが、走っていて今一伸びが足りない。音が足りない(レーサーっぽく無い)ということで、BMWマフラーの名門「Sasaki」製のHP2エンデューロ用(フルエキゾースト)を使用することにした。7月10日にレポートしましたが、明らかにストレートスピードが伸びたのは事実(R1200Sと同等)。トルク感も強く、軽量化が図られた。但し、公道使用のマフラーのため、やはりサーキットでは一際静かなのはさびしい・・・サイレンサーをサーキット専用に改良すると更に速くなるのか?と思ったりもしています。速さはライダーの腕!!


オリジナルの外装
テールカウル内の内圧を抜く為にエアー抜きの口を作ってみた…ということで、フロントカウルには、予定通りのBMWアイキャッチ「キドニーグリル」を作りました。というTrasさんのコメントを頂きました。
b0108670_053418.jpg

by go_suzuka8h_bmw | 2009-07-25 00:54 | マシーンについて
間違えだらけのセットアップの日々
7月5日
熱い 暑い モテギ・・・と思い気や、まぁ過ごしやすい一日でした。

今日は、2ndライダーの鶴岡さんと二人
鶴岡さんは、モトグッチ使いののスペシャリスト(昔話だけど)
当時、筑波のBOTT等MTIクラスでは、常に表彰台を確保していた
ところが、僕らと出会うことで・・・BMW扱いのスペシャリストに変身。
今、 筑波でBMW乗せたら、素人では日本一のタイムで走って来ること間違いなし!!
体も大きく、超二枚目ライダーです。

さて、二人で始まった・・・セットアップ
前回の使用からの変更点は、リヤのスプリング変更(11kg⇒12kg)とSasakiマフラーの装着(HP2エンデューロ用)
さぁ11時からの走行は鶴岡さんが一人で走る。スプリングレートをあげたことで、リヤから押される感覚が出てきて、気分的には「プラス方向」とのこと。タイムも2分14秒とHP2MMのシーズンベスト(^^;
トップスピードも2分16秒の自己ベストで走る「驚異の69歳」R1200Sと同等…。


二本目は武藤がフル走行
当初の予定では2分17秒位は出せるかな?と思いコースインするものの、リヤサスが変わったことで「車体姿勢」が変わり、曲がるきっかけが取れず…いつまでもブレーキがリリースできない状態。
武藤の場合は、走り始めてから体が慣れるまでの時間がかかるのがいつもの事・・・頑張れば!慣れてくれば!と思うが中々体が慣れてこない。タイムも、2分32・32・30・27・27・28・25・24・23秒、きっかけがつかめないままチェッカー。
原因はリヤ高が下がらないため、フロント荷重が強くなり、武藤の乗り方に合わない。
鶴ちゃん好まないが、リヤサスで車高調整(2mm)下げることにした。
ちなみに、今日はリヤサスだけ触ろう・・・って事でやっています


三本目は鶴岡・武藤の二人で走行5周と6周って感じ
最初は武藤が走行(自分でセッティングしたから)、走り始めると・・・
なんと、バッチリ(^^; 曲がれる⇒曲がれる、きっかけ良くわかる。最高!!と叫びながら、4周でピットイン。タイムも21秒、確実にモット出せる!!前回よりもエンジンに力があるから、タイムアップは確実・・・早く、鶴ちゃんに代わって、慣れてもらわないと…
鶴岡さんの走行は16秒で周回、あまり気に入っていないみたい(^^;走り見てるとわかるのが不思議
戻ってきてのインプレッションは
「リヤが入りすぎて、アンダーが出てアクセルが開けれない」とのこと。・・・まずい・・・
車体姿勢は変更せず、リヤサスのプリロード1回転かけることにした


四本目は鶴岡スタート
なんと1週目から14秒で走行・・・やはりセットアップした立場のライダーは、責任と自分への説明の為、気力こめて走ります(^^;
戻ってきた時のコメントは「すごく良いよ」

武藤も気合入れて走るが、またまたリヤが高くて進入タイミングが取れない。
立ち上がりでのアクセルが開けづらい。
微妙な差なのにどうして・・・俺ってそんなに繊細なの?
でも、今日の最初の走行よりはいい感じ。リヤサスが入りこまなくて不安感が走る・・・が、慣れればなんとかなるかな。と思い走行終了。

走行後、7月6日の公開練習に向けて「鶴岡・高木・武藤」の三人で相談・・・リヤサスのプリロードが沢山かかっているから、明日は13kgのスプリングを入れて、プリロードを抜いてみよう!!と自信ありげ。 鶴岡さんを残して、武藤と高木は帰京。


7月6日は、我チームのエースライダー小川さんと助っ人ライダー近藤さんの登場。
なんと小川・近藤は菅生の選手権帰りからの立ち寄り。
金夜に東京出て、土曜練習、日曜決勝というハードスケジュール。ぶっつけ本番みたいなエントリーでST600-6位入賞とのこと!当然メカニックは近藤さん。

大事件発生⇒ボロが出た(^^;
6日の天候は、今にも泣き出しそうな空模様とのこと…
1本目は曇りから雨、ドライタイヤからレインタイヤへ「セッティング」するような状態では無い。そのような中「フロントの動きが渋い⇒リバウンドかけ過ぎ」(武藤がかけた)との意見

2本目は、ドライで一人4~5周とのこと。13kgにスプリング変更して走り出すと、全員が「駄目出し」・・・武藤居なくて良かった(^^;⇒居ればボロクソ言われたのは必至。

最終的に、スプリングを12kgに戻し、プリロードを15mmかけ、Fサスのダンパーを抜く方向・・・全く逆方向に進んでいた自分が恥ずかしい(まぁ久々のライダーだからね) 
小川君に「武藤さん、乗りづらいバイクに乗っていましたね・・・今度は乗りやすいですよ」 追い打ちかけられちゃった(笑
 
次回の走行は、7月18日19日の予選です

ちなみに、7月20日は「もてぎ:ライディングパーティー」です。
もて耐予選見ながら、遊びに来てください・・・何かあるかも

by go_suzuka8h_bmw | 2009-07-10 00:15 | マシーンについて
少しずつ・・・
トラスさんが日々頑張ってくれています
24Lタンク製作の為、ビーターさんと「少しでも多く・・・」
スペースが無いのと、オリジナル外装の中に収めなくてはならない為、
一生懸命画策してくれています。
b0108670_045599.jpg

b0108670_052086.jpg

オリジナルのタンク(16L)にパテを盛り、少しずつ大きくしてゆきます。
外装に接触する部分は削り、余裕のあるところには更に盛る。
こんな感じで、作業は行われています。
形が決まれば、後は「職人ビーター」さんの手作業「たたき」です。

WPサスペンション
こんな感じです。
b0108670_034166.jpg

b0108670_042468.jpg

セッティングも幅広く
様々な調整機能が付いています。
これは、R1200S用です。 カッコ良いですね。

トラスさんのいたずら書き「第3弾」
b0108670_023978.jpg

今年のPIAAカラーはすっきり系みたいですね(四輪)

by go_suzuka8h_bmw | 2008-04-28 00:05 | マシーンについて
HP2 Sport 鈴鹿初走行
<先週、鈴鹿初走行して来ました。今回の目的は
全体のバランス、サスペンション、トップスピードの確認です。

目立たないように、隅に「車輌を隠して・・・
b0108670_0454728.jpg


結論から書くと

「バランス」
新車で全く手を加えない状態での走行でありながら、
戸田・斎藤両ライダー共に、過去の車両とは全く違う!!
既に完成状態。
サスのセッティングを、コース及びタイヤに合わせれば、
いつでもどこでもOK!!という、お墨付きをもらいました。

もちろん戸田選手は、
既にスペインでの発表会にて乗っているので、余裕の発言。
斎藤選手にいたっても、満足そのもの!!

「サスペンション」スズカサーキットフルコース 曇り 気温17℃

タイヤ前後BT-003 TYPE3 空気圧1.8
b0108670_0495294.jpg



フロントサス
イニシャル 元の位置から3回転かける
コンプ 6クリック戻し
リバウンド 8クリック戻し
残スト ゼロ

リアサス
イニシャル 元の位置から1回転かける
コンプ 14クリック戻し
リバウンド 12クリック戻し
残スト 4mm
b0108670_0504046.jpg

頑張る、鈴鹿マイスター岩間

戸田さんの感想
最初リアのイニシャル2回転かけから、1回転抜いて少し
よくなったが、スプーンでリアが沈み込みよくなかった。
バネレートを上げる必要を感じた。

ちなみに、もてぎでの武藤の感想は
何もしなくても満足できる仕上がり(普通のライダーなら全くSTDで問題なし)。

今後の対策として、前後共にバネレートの変更
ボディ本体の変更を検討(ホワイトパワー製へ変更)

「最高速度」
今回の目標はトップスピードが何キロでるか!?!
それによって、鈴鹿フルコースのタイムが予想できる。
過去のR1100S時代は、240Km弱で2分21秒
K1200Rでは257、Kmで2分19秒
東コース部分では、圧倒的にR1100Sの方が速かった!
第一コーナーの侵入からヘアピンまでのコーナーリング速度は、ファクトリー並み(^^;思い込み)。ストレートではK1200Rはそこそこ速さだけどコーナーが大変だった?らしい(^^;。

そこで今回導入のHP2 Sportは如何なものか!!

既に記載したように「バランスは最高」とのこと。
フラットツイン伝統のコーナーリングバランスは文句なさそう。
あとは最高速が何キロ出るかで、タイムが予測できる。

さぁ、瞬間皆も考えて下さい
何キロ出たか

スピードメーター付きの車輌だったため、
走行中のライダー目視です。

コーナー進入直前には、
アクセルは開けていても、視線はコーナー(メーターは見ていない)
つまり、スピードメーターよりも実測は出ていると想像できる。
更にタイヤの外周も大きく、メーターとの誤差はある。
b0108670_055444.jpg

そのような中で、メインストレートで目視253kmを確認!!
じゃ260km弱出ていたことに・・・空気抵抗は?

慣らし直後(走行90分)、サスセッティングなし、タイムアタックなし
今後が楽しみです。

では、予測タイムは何秒台・・・想像して下さい


b0108670_101937.jpg

by go_suzuka8h_bmw | 2008-04-25 01:00 | マシーンについて
R1200Sの24時間走行後の個々のパーツ
R1200S 24時間走行後の写真がまだあるので、掲載します。
走り終えた車両を囲んでみんなで「ワイワイ・・・がやがや」
b0108670_2218521.jpg
汚れたフロントマスクもかっこいいよね
b0108670_2213767.jpg

フロントタイヤは、チェッカー後にコースサイドを走った為、タイヤかすを拾った状態です。
b0108670_2233254.jpg

b0108670_224079.jpg

フロントのアウターチューブもかなりだね
b0108670_2253937.jpg

アンダーカウルも相当汚れてきているよね!!迫力!!
b0108670_22101888.jpg
b0108670_2255760.jpg

かなりマニアックな写真でしょ!! オイルクーラーの虫!!
b0108670_227716.jpg

お尻のアップでごめんなさい
b0108670_22105126.jpg

最後はメカニックみんなで、R1200Sを囲んで「ワイワイ・・がやがや」
言葉はわからなくても、何を話しているかは「想像ついたね(^^;」 最高だね!!R1200Sと仲間達
by go_suzuka8h_bmw | 2007-05-01 22:18 | マシーンについて
個々のパーツ写真です
まずはフロント周り!!  う~ん、カッコ良いの一言です。如何ですか!! 
b0108670_21593284.jpg

b0108670_220156.jpg


リヤホイール関連です
b0108670_2212920.jpg

センターロック・・・僕らのK1200Rは、あえてセンターロックにしませんでした。理由は後日!!
b0108670_222821.jpg

PVM製 僕らが使ったマグタンの方が軽かったです(^^;
b0108670_224719.jpg

特性ハブ、90年代にBSCで走らせたR100GSもNC30のホイール+同様のハブでした。
b0108670_226536.jpg

ホイール脱着用のSPツール。リヤホイール担当はBMWチームの総監督が自らおこなう姿は圧巻でした。来年からは、ムトウも作業をやろうかと思わず・・・思いました!!(反対多数は必至)
b0108670_22113335.jpg

かっこいいですね!!

24Lアルミタンク 複雑な造形美は美しいですね。
b0108670_22151785.jpg
     

エキゾーストパイプとマフラー
b0108670_22213273.jpg

b0108670_222242.jpg

24時間耐久の特別装備・・・何人気付くでしょうか?答えは次回に記載します。
b0108670_22232588.jpg

このテールライトは、テールカウルの強度をも確保するようになっています。
b0108670_22242190.jpg


アッパーーステムとメーター周り  メーター有りと無し 
b0108670_222954.jpg

b0108670_22293124.jpg


次回はライダーを紹介します。
5月3日ツインリンクもてぎに走りに行きます(2年ぶりのライダームトウ復活)
by go_suzuka8h_bmw | 2007-04-30 22:41 | マシーンについて
スタート前と24時間走行後
車体周りの写真をアップします。スタート前
b0108670_15561343.jpg

フロントのデュアルヘッドライトがスマート
b0108670_15582078.jpg

右サイド側
b0108670_1642791.jpg

左サイド側
b0108670_1663030.jpg

b0108670_1671379.jpg

b0108670_168873.jpg

うーんかっこよい!!
b0108670_18114174.jpg


24時間走行後
汚れのつき方が・・・きれい!! デザインが素晴らしいから、なせる業。
b0108670_18171673.jpg
b0108670_1818959.jpg

b0108670_1818362.jpg


次回は5月1日に、個々のパーツ写真をアップします。
by go_suzuka8h_bmw | 2007-04-27 18:22 | マシーンについて
ライディングパーティーにて・・・試乗会・・・
長~い夏休みを頂き、久々の書き込みです。
先週は、休み明けいきなり出張+会議等で休みボケしている暇もありませんでした。

b0108670_235842100.jpgさて、8月25日・・・ライディングパーティーもてぎに参加(仕事)してまいりました。

試乗車のチェックの為、先導付き完熟走行x2回とフリー走行1回の合計3台の車両チェックをしてきました(^^; 楽しかった。今回は8台のR1200Sと2台K1200R・K1200Sを会場に用意!!

b0108670_10493444.jpg久々のサーキット走行は実に楽しい。先導さんが後続車のペースを見て走ってくれるので、本当に楽しいペースで走れました。ムキにならず・・・楽しめるペース!!これが大切なことですね。
ムトウはR1200Sに乗ってみて、R1100Sの8耐号となんら変わりが無いので、ちょっとビビりました。というのは、車両重量感・パワー感・ブレーキ感覚に違和感がないから、あれだけお金掛けたのに、さらっとこんな感じで走れると・・・という驚きです。実際、重量は変わらない!パワーはさすがに15ps違うけど、ブレーキも良く効くし・・・申し分なしかなって感じです。次回は9月9日岡山国際サーキットで開催されますので、ライディングパーティーのHPを要チェックしてみてください。今回と同等の試乗車を用意する予定です。

さて、今回のもうひとつの目的は・・・K1200R、8耐号の試乗です。
根本さん、山田さん・・・今回参加されるプロの方々に乗っていただき、良しも悪きもご意見を頂き、これからの参考にさせてもらいたいと思っております。
少し不安もありますが、楽しい時間でもあるのが正直な気持ちでした。


b0108670_1141830.jpg最初に山田純さんに乗ってもらいことになりますが、久々なサーキットということですっかりボケをかましてしまいました。タイヤウォーマーを忘れてしまいました!!
スリックタイヤは内部までしっかり温めないとグリップ力やハンドリングに大きく影響をもたらしてしまうので、ウォーマーは絶対必需品なのです。・・・純さん、すみません。
『今回の車両は、8耐終了後から何も手を入れた状態ではない・・・』つまり、これから9時間目に入るような状況での試乗です。もちろん安全面でのチェックはちゃんとしてあります。
というわけで、純さんはゆっくりとコースイン。3周位、細部を確認しながら走っているが、中々ペースアップしないな?と思っているとピットに戻ってきた。 あれー何かまずいことあったかな?と心配していると「タイヤ暖まっている?」と一言。・・・・・「ハイ」というと、再度車両チェックしてコースイン。  良かった・・・とムトウは思いながら、純さんの戻りを待っていると・・・

b0108670_1432471.jpg先ほどとはまったく違う速さで最終コーナーを立ち上がってきた。メインストレートで純さんが伏せている・・・真剣に走ってくれている。嬉しい!!
走行後のコメントは「エンジンの吹けあがりに山が二つあるね・・・アクセル戻したときに、反応が遅れる。フロントサスペンションもいかんなぁ」、「車両剛性も悪くないし、さっき言ったポイントはセッティングで直るから良いんじゃないの」「鈴鹿サーキット15秒のポテンシャル?・・・やり方次第では、いけるんじゃないかな」と好意的なお言葉を頂き一安心のムトウ。


b0108670_1174917.jpg続いてキャプテン竹田津さん「タイヤが暖まっているうちに乗って下さ~い」の声にあわててヘルメットをかぶりコースイン。メインストレートを過ぎ、はっ速い!!第一コーナーに消えてゆく姿が早い。コースインして最初の第一コーナーなのに・・・!! わずか4/5周でバイクの特性を掴み、その感覚で第一コーナーに侵入するのはすごい。やはり乗りなれた人は違う・・・と感心するムトウ!コメントは「楽しいですよ!このバイク。本当に楽しいですよ、もっと乗りたいけど次の人もいるから」と楽しそうに語ってくれました。


b0108670_1194633.jpg午後からクラキンこと高橋RC編集長・・・タイヤが冷えてしまっているので完熟走行。熟練の走りを見せてくれながら細部のチェックをしている模様。走行後のコメントは「重心が低いから、切り替えしが重いでしょ」の質問に「いやいや、最近のバイクはクイック過ぎる傾向にあるから、僕にはちょうど体力的にピタッとあって良かったよ」とのこと。更に「このバイク楽だから、ルマンのような24時間耐久なんかに出ると面白いかもね」と特性を理解していただけたコメントでした。


b0108670_11134565.jpgつづいて宮城光さん。乗る前に「どうしてこんなにシートがたかいの?」の質問に「これでも3cm下げました」と言ったら、次の言葉を失いながらまたがってみて・・・爪先立ちで「でっデカイ・・・!!」と一言、コースイン。

b0108670_11145416.jpgさすがに宮城さん・・・速い、第一コーナーへの消えてゆく姿が早い。ピットレーンで見ていた参加者の人が、馬力が違うね!!速さが違うよ!!って感心していました。「エンジンノーマルです。マフラー変えただけです」って言ったら「腕が違うと、バイクも速いね~」だって。ムトウも同感でした。走行後のコメントは「大きさには直ぐ慣れたし、気にはならなかったよ。よく出来ているよ」嬉しいコメント「だけど、オートシフターが駄目だよ!!これじゃライダーが疲れる。もっと調整してあげないと、もったいないよ」・・・そうなのです。本選の前からしっくり行かなくて、時間切れで本番突入してしまっているのです。さすがライダーの視点からのコメントありがとうございます。

b0108670_11204934.jpg最後にボス根本健さんの登場です。時間は3時半過ぎ!! 

b0108670_11213460.jpg朝から先導・ジェットコースターと一度も皮つなぎを脱がず、走りぱなしで・・・最後のジェットコースターを終えて直ぐのコースイン。本当に根本さんのライダー体力には脱帽です!!2周3周と楽しそうに走っているのが良くわかるライディング・・・きれいな走行でした。試乗後のコメントは、「BMWはまじめにバイク作っているよ!!本当に良いエンジンだよ」「鈴鹿の後だから、サスペンションセッティングははちゃめちゃだけどね。プッシングアンダーがひどいね」「まぁそんなことより、楽しいバイクだよ・・・うん、良いよ」と嬉しいコメントでした。誰一人、速いというコメントは無かったけれど(期待していないけど)、楽しいバイクと言って貰えたの嬉しかった。早速みんなに電話で報告したムトウでした。次回の岡山にも持ち込む予定ですので、その時はまたみんなで楽しんでください!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-28 00:03 | マシーンについて
シャフトドライブブーツを・・・
b0108670_18295373.jpg監督のムトウです。
この辺で・・・マニアックネタ行きますか。
Tras新田さんは今仕事中につき、僕がお知らせします。
シャフトドライブブーツを熱対策のために取り外しました。


b0108670_1832928.jpgカーボン製のカバーも。
デザイン的に非常にカッコいいのですが・・・


b0108670_18351927.jpg出来ることは何でもやります。
ただ・・・市販車輌では絶対にやらないで下さいね。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-07-29 18:35 | マシーンについて