鈴鹿8時間耐久レースへの道




Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年 06月 28日 ( 1 )
届きました・・・待望の商品が!!
b0108670_719328.jpg
その商品名は・・・DIM SPORT 。
これ何かって?通称サブコン!(分かる方には分かりますが普通は何それ?って感じですよね(^^;)すみません)
簡単に言えば、もともとK 1200 Rに付いているスタンダードのコンピューターセッティングをサポート(補助補正)してくれる万能品なのです。今回の8耐マシンのエンジンは完全STD状態。
やはりスタンダード仕様でレースに使うのには、いくつかの問題がある(それでも45位だったんですよ!スゲェ~)。 はっきり言って街乗り用としての基本設定だからね。
このままの状態のマシンに保安部品付ければそのまま街乗り出来てしまうくらい 。
でも、レースと言うシビアな状況となると・・・

b0108670_7195669.jpg
ここ一発のパワーの追従性であるとか・・・○○回転数での燃料を薄くしたいとか、濃くしたいとか・・・戦闘能力をUPし、ライダーの感性にシンクロするマシンにしないとダメなわけです。
それを正しく補正してくれるのが、DIM SPORT社のサブコンRAPiDBIKEです。
だけど、我がチームでサブコン使用するのが初めてなので・・・。

b0108670_7204167.jpg
商品良くてもセッティングできるか不安(^^; これから、セッティングしながら最終調整いたします。 非常にマニアックな話になるかとは(苦笑)思われますが、経過については随時ご報告いたします。
さぁ!これから取り付けお願いしまーす。メカニックさま!!! (お祈り監督ムトウより)
by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-28 07:24 | マシーンについて