鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
小さな改善
HP2Sort、2日の走行を終えての感想は ・・・と言うと

とにかく素直な乗りもの
R1100S-8耐号と比較するのもどうかと思うが、
車両重量は-20kg
エンジンパワー+10%
操縦性(しなやかさ)x2倍
誰が乗っても、楽しく快適に走れる
まさに、乗り手を選ばず楽しく走れるマシンです。

速い人が乗ると速く走れるバイクは世の中に沢山ありますが、
僕のようなライダーが乗っても、直ぐに楽しさを感じられる。
マシンの挙動が一つ一つ手に取るようにわかる。
乗っていてワクワク・・・してくる。
600ccクラスの車両重量に140ps近い馬力
コンパクトな車体
フラットツインはシリンダーヘッドが路面と接触するという間違った概念も払拭できるコーナーリング性能、ただ単純速く走る為のものではなく、楽しく走ることの出来る仕上がり!!
1998年から何年も掛けてR1100SRacerを作り上げてきたからはっきりと言える!
走る喜びを沸き立たせてくれるマシン、それがHP2Sport

今回の走行を終え・・・現状のファイナルでは、もてぎのコースにあっていない。
コーナーへの侵入時、2速では低すぎ・3速ではコーナリング中の自由度が奪われる
チェーンドライブならば、スプロケットの調整で対応できる範疇であろうが、BMWはご存知シャフトドライブ。
これが好きで10数年BMWでレース活動を続けてきているのだが、時たまこのような事態に遭遇する。
コースにあわせる走りではなく、マシンに合わせる走り・・・を主に走ってきたが、やはり速さを求めるときには障害であることは間違えではない。
実はR1100Sの時にも、同じ問題があり、2.75のSTDファイナルから、いくつかのファイナルを組み替え(2,54、2,6、2,8、3,0・・・)最終的に、LTのファイナル2.63がもてぎにBESTという結論を引出した。
当時、本当に煮詰めたR1100Sで2分3秒台をマークしたのが2003年。
今回、マフラー換装しただけのほぼSTDの状態で2分4秒は素晴らしいと思う
今後の対応として、R1200STの2.61のファイナル又はHP2メガモトの2.81又はR1200GSの2.91のファイナルに換装してテストをしてゆきたいと考えるが手持ちのデフがない。
来週の予選にまでに対応できれば良いのだが、走行練習時間も無く調整不足のまま予選へ突入することになりそう・・・予選後、細かな煮詰めをしてゆく予定です。

話は戻って、
HP2Sportのしなやかさに感動し、我が愛車R1100Sはと言うと・・・
2002年から幾度となるモディファイをつづけ、鈴鹿仕様のディメンションが作り上げられている車体。どうも乗り心地が良くない!全体が硬くしなやかさが欠落している・・・早速クラタサイクルに持ち込み、全バラし前後サスペンションをMHプロダクトにOHと調整を依頼(MHの山下さんは、ずーと僕らをサポートしてくれており、モットーは楽しいバイクは足回りから・・・怖くない、不安にならない何時でも同じ動きをするサスセッティングを実施)倉田さんにも大変申し訳ないけど、ひとつひとつの部品や配線・組みつけの見直しをお願いした。

もて耐には1999年の第2回から参加し、R1100S・R100GS改Racer・K1200Rを走らせて見たりしているものの、マシンへの愛情の欠落を実感したムトウ!
思いやりのあるマシン作りに、心機一転気を入れなおして頑張ります

by go_suzuka8h_bmw | 2008-07-05 00:54 | ムトウの独り言
<< 7月13日 もて耐予選報告 這い上がってきました >>