鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
HP2 Sport 鈴鹿初走行
<先週、鈴鹿初走行して来ました。今回の目的は
全体のバランス、サスペンション、トップスピードの確認です。

目立たないように、隅に「車輌を隠して・・・
b0108670_0454728.jpg


結論から書くと

「バランス」
新車で全く手を加えない状態での走行でありながら、
戸田・斎藤両ライダー共に、過去の車両とは全く違う!!
既に完成状態。
サスのセッティングを、コース及びタイヤに合わせれば、
いつでもどこでもOK!!という、お墨付きをもらいました。

もちろん戸田選手は、
既にスペインでの発表会にて乗っているので、余裕の発言。
斎藤選手にいたっても、満足そのもの!!

「サスペンション」スズカサーキットフルコース 曇り 気温17℃

タイヤ前後BT-003 TYPE3 空気圧1.8
b0108670_0495294.jpg



フロントサス
イニシャル 元の位置から3回転かける
コンプ 6クリック戻し
リバウンド 8クリック戻し
残スト ゼロ

リアサス
イニシャル 元の位置から1回転かける
コンプ 14クリック戻し
リバウンド 12クリック戻し
残スト 4mm
b0108670_0504046.jpg

頑張る、鈴鹿マイスター岩間

戸田さんの感想
最初リアのイニシャル2回転かけから、1回転抜いて少し
よくなったが、スプーンでリアが沈み込みよくなかった。
バネレートを上げる必要を感じた。

ちなみに、もてぎでの武藤の感想は
何もしなくても満足できる仕上がり(普通のライダーなら全くSTDで問題なし)。

今後の対策として、前後共にバネレートの変更
ボディ本体の変更を検討(ホワイトパワー製へ変更)

「最高速度」
今回の目標はトップスピードが何キロでるか!?!
それによって、鈴鹿フルコースのタイムが予想できる。
過去のR1100S時代は、240Km弱で2分21秒
K1200Rでは257、Kmで2分19秒
東コース部分では、圧倒的にR1100Sの方が速かった!
第一コーナーの侵入からヘアピンまでのコーナーリング速度は、ファクトリー並み(^^;思い込み)。ストレートではK1200Rはそこそこ速さだけどコーナーが大変だった?らしい(^^;。

そこで今回導入のHP2 Sportは如何なものか!!

既に記載したように「バランスは最高」とのこと。
フラットツイン伝統のコーナーリングバランスは文句なさそう。
あとは最高速が何キロ出るかで、タイムが予測できる。

さぁ、瞬間皆も考えて下さい
何キロ出たか

スピードメーター付きの車輌だったため、
走行中のライダー目視です。

コーナー進入直前には、
アクセルは開けていても、視線はコーナー(メーターは見ていない)
つまり、スピードメーターよりも実測は出ていると想像できる。
更にタイヤの外周も大きく、メーターとの誤差はある。
b0108670_055444.jpg

そのような中で、メインストレートで目視253kmを確認!!
じゃ260km弱出ていたことに・・・空気抵抗は?

慣らし直後(走行90分)、サスセッティングなし、タイムアタックなし
今後が楽しみです。

では、予測タイムは何秒台・・・想像して下さい


b0108670_101937.jpg

by go_suzuka8h_bmw | 2008-04-25 01:00 | マシーンについて
<< 鈴鹿用、特注パーツ 2008ルマン24時間耐久 >>