鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
初挑戦・・・ライダーとしてのムトウ
昨晩は、筋肉痛と疲労と感動の大酒のみで・・・大変でした。
夜中に熱が出て、今現在も38.2度

風邪?筋肉痛の副作用

何があったかというと・・・「TZ250」に初挑戦しました。

2002年に10年のレース歴において、初めての転倒をし「頭部強打と鎖骨骨折」
転ばないでバイクレースをやり続けることが自慢だったのに。
いきなり、レース人生をくだりはじめてしまったムトウ!!
走ることに不安が生まれ、年に1回「もて耐」出るだけの自分がいました。

その後は「鈴鹿8耐の監督」も理由にライダーを辞めていた自分に、
2007年は8耐に出れない・・・走らない自分への言い訳が出来なくなり、最後のあがきを企画

50歳男、ライダーの夢「TZ250」に挑戦・・・・ムトウの登場!!

前置きが長くなったけど、30年ぶりの2サイクル⇒20年ぶりのチェーン(シャフトが無い)
仕事柄、多くのライダーやジャーナリストの方々と話す機会があり、
「ムトウ・・・TZ250に乗ろうと思っているんだけど」・・・皆、絶句(ど、、、どうしたの?)

4サイクルしか乗ったことの無い人が、TZ250なんかに乗ったら大変だよ!!
例えば、「第一コーナーにクラッチ握って入ってゆくようなもんだからね」と脅かされ
スリックタイヤは「つぶさないとグリップしないよ」⇒そんなこと出来ない!!

ドキドキ・・・わくわくの日々が過ぎ、その初挑戦が5月3日ツインリンクもてぎ東コース!!
b0108670_2050863.jpg


1本目の走行+2周
 1:55:27 (走れた・・・動いたって感じ)
 1:52:04 (東コースって、ショートカットが入りづらいよね)
 1:54:35
 1:50:20
 1:50:60
 1:49:36
 1:47:88 (なんとか、無事に戻ってきて・・・ニコニコのムトウ
b0108670_20512747.jpg

はじめてのTZ250だけど、走り方はBMWR100GSと全く同じ・・・なんとタイムも同じ!!
タイヤも全く使っていないし、サスも動いていない!! もっと負荷をかけて走らないと!!

整備は現役GP250 ライダーの豊田さん!更には練習に来ていた黒川選手も気にして来てくれた!斉藤選手を含め、なんとこのメンバーはムトウの8耐ライダーの方々にサポートいただいている状況です。
b0108670_20505035.jpg
2本目の走行 今回のポイントは、ストレートだけアクセル全開(カチッと音がするまであける)
1万2000回転ぐらいまで回りますから! 多少濃い目にしてあるから安心してください。
b0108670_20534151.jpg

シフトダウンの仕方も教えてもらう。
エンブレは効かないからカンカンカンと落として、スパッと曲る(そんな事出来ないよ~)
2本目+3周
 1:46:92 (よくわからない・・・シフトダウンが、BMWと同じタイミングでまだやている)
 1:48:00
 1:48:51 (黒川さんや他の人が、避けるように大きく離れて抜いてゆく⇒皆、親切)
 1:49:40 (黒川さんが、待っていてくれ、V字コーナーの侵入とシフトダウンを見せてくれた)
 1:45:73 (そうか・・・
 1:45:45 (何か違いがわかるけど、コーナーリング速度がBMWと同じ気がする)
 1:46:42 (アクセル、全開にまだなっていない・・・ダウンヒルのブレ-キングポイントは?
b0108670_20524170.jpg

振り向く余裕?
戻ってきてみてタイヤを見ても、前回全く同じ・・・進歩していない。
小川君が、ムトウさんシフトダウンの仕方は「あーしてこーして・・・・・・・だよ」って教えてくれた!「う~ん・・・」
高木さんが「おい!V字コーナー停まっているぞ」もっと突っ込めよ!!

コースも覚えた! バイクの動きもわかってきた! 
豊田さん、斎藤さんが、もっとバイクとBSタイヤを信頼して良いんですよ!!
オーバースピードだな!!って思っても、出口に目線を送れば、バイクは必ず曲ります。
少しブレーキを離すのを早くしましょうか!   「よし!! やるか」
3本目+2周
 1:48:75 
 1:46:21
 1:45:19 アクセル全開出来るようになった
 1:43:93 シフトダウン(小川アドバイス)が出来るようになった
 1:43:93 ダウンヒルコーナーのブレーキングタイミングを少しづつ遅らせる
 1:42:28 まだ、BMWの走りと同じタイミング(殻を破らなくちゃ!!)
 1:43:02 
 1:43:00 速いバイクが抜いてゆく(どうしてなんな速度コーナーに進入できるの?)
 1:41:88 やるっきゃ無いね・・・目をつぶって、コーナーに侵入する
 1:40:86 あれ?曲るよ!! 飛び出さないよ!!
 1:41:11 よし、視線だ  バイクとBSタイヤを信じよう!!
 1:40:69 出来る・・・出来るよ!! これか!!この感覚だよ(初めての経験)
 1:40:01 コーナーが楽しい!! もう転ぶ気もしない
 1:40:71 どんどん、速くなっているのがわかる。苦手のS字進入も目をつぶって!!
 1:39:83 さっきより速い速度でS時進入 あれ~!!何でも無いよ(もっと行けるよ) 楽しいよ
 1:39:15 まだまだ、行けるよ!! もっともっと行けるよ!! 楽しいよ

結局、一回も休まず30分走りぬいたムトウ!! ピットに戻った時は、一人でバイクから降りれない。体力と精神力を使い果たした状況でした。

楽しかった!! 正直ライダー辞めようと思っていたけど、俄然やる気復活!!
ありがとう、今回の「ムトGP⇒TZ250」企画に「ご協力頂いた方々に感謝感謝

そうは言っても、来年のルマン参戦の為の準備に「駆けずりまわる」ムトウ、ライダー復活はやはり「もて耐」だけかな(^^;
最後の走行写真が無いのは、カメラマン小川君「「ムトウさんが速くなって撮れなかった」
なんかうれしい(^^;

今年のもて耐には
「K1200R 戸田/松下/栗原組」⇒相当上位に行きますよ!!
「R1100S 斉藤/小川/鶴岡/ムトウ」⇒頑張ります。
「モトパーク R1100S 1号車/2号車」
「クラフト&RC F800S」結構いきますよこのチームは
「K100」で毎年参戦している軒下レーシングさんも出るかな?
「チームフラット」からも2台
注目はFLATの社内チーム(全員社員)がOHVボクサーで参戦(注目:市川さんが走ります)

今回お世話になった豊田さんは、GP250ライダーでありながら
一般の人が、楽しく安全にレースを行いう為の「サポート」をしています。
レースやりたいけど・・・レースやってみたいけど、思う人!!
一度、豊田さんのHPを見てみてください。
☆今回僕がTZ250を楽しく走れたのは、間違いなく「D-REX(豊田さん)」がいたからです。
豊田さんのHPは http://drex-cls.com/
by go_suzuka8h_bmw | 2007-05-04 21:07 | ムトウの独り言
<< 最高⇒最悪のGWへ ライダームトウの復活の予感 >>