鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その9)
b0108670_19311361.jpg決勝で第1ライダーを務めた斉藤です!
皆さん、応援ありがとうございました!!!

b0108670_17151163.jpg走っていて最も印象的だったのはダンロップコーナー付近で応援してくれていたBMWファンの声援です。昨年には無かったことなのでみんなの声援にすごく励まされました。

b0108670_17173219.jpgレース終了後に一部の人からレース中になんで手を振らないんだ(笑)などとお叱りを受けましたけど・・。それは無理です・・・さすがに(^^;)
鈴鹿8耐の場合は、体力的にも精神的にも非常に過酷なレースだと思います。
正午あたりの気温は35度前後で路面温度も45度前後と体力、精神力さらにタイヤやマシンにとっても非常に負担の大きいレースと言えます。
b0108670_12383382.jpg今年の8耐は僕がスタートライダーだったのですが、最も意識していたのは周りに翻弄されず、自分のペースを先ずつかむことでした。
耐久の場合はスプリントレースと違い、常に前へ前へという分けではありません。8時間という長丁場を想定し、マシンやタイヤなどの状態を把握しながら適切なラップタイムやライディングを心がける必要性があります。
予定タイムに比べ実際のタイムが約3秒ほど速かった中でガス欠の心配も無かったことから貯金を蓄えておくためにもそのペースを維持することにしました。

b0108670_1916143.jpg18周を過ぎたあたりからタイヤの消耗が激しくなり前半と同じ操作やライディングだとタイヤは簡単に滑り出して来たため後半はタイヤの一部に負担を掛け過ぎないライディングを心がけペースを保ちました。

b0108670_19214256.jpg約1時間走行して約1時間の休憩となりますが、次の走行準備などを踏まえると実質は約40分程度の休憩時間しかありません。今回は休憩中にチームスポンサーでもあり専任ドクターの松本クリニックの松本院長自らがライダーのケアをしてくれたので本当に助かりました。
休憩中は次の走行のエネルギーを確保するためにバナナや果物、果てはブドウ糖をそのまま飲んだりしていました。そうそう、100%純度の酸素も疲労した体に効果がありました。
また、トライアスロンなどの選手が競技中に摂取する「Power Bar」という高栄養食材を食べましたがこれも中々良かったです。
僕は昨年もBMWで8耐に参戦していたことから、自分にかかる負担の度合を想定して1年間必要なトレーニングを続けてきました。
そのため体力的には殆ど問題はありませんでしたが3回目の走行あたりから両足の腿の裏側が痙ってしまう状態となりテーピングで処置をしてなんとか最後まで持ちこたえました。昨年の8耐で負担の掛かっていた膝や膨ら脛あたりの筋肉はトレーニングしていたおかげで何の問題も起きなかったですが、想定していなかったところが痛み出したのでちょっと焦りました。

b0108670_13231632.jpgベース車両のK1200Rについてですが・・・総体的な乗り味に関しては前のモデルに比べ安定性は高いのですが重心の低さから車重をどうしても感じてしまう部分がありました。
今回の車両は主要な部分は殆ど軽量化されていることから、これ以上の軽量化を施すには1kgウン万円〜ウン十万円相当の費用が必要になってしまいます。
そんな中、実際に8時間の決勝を通して感じたことは、このままの仕様でもセットアップを煮詰めることによってより高い次元の走りは間違いなく可能で、セットアップ次第では大化けする可能性を感じました。正直なところ最終的なポテンシャルはまだまだ先にある感じがしています。

b0108670_15453933.jpg今振り返って言えることは・・・鈴鹿8耐の最大の魅力は「関わっている人間の数に比例してドラマがあり、そしてその分の感動がある」ということです。スプリントレースにはない耐久レース独自の魅力がそこにあります。また、当然、応援してくださるBMWファンの方達もその数に含まれます。
レースがスタートし、8時間という長丁場を共に戦い、乗り越え、最後のゴールを迎えた時の達成感や高揚感は他にない一体感や感動が生まれます。

b0108670_1510317.jpgもう一度言わせていただきますが、今回、ダンロップコーナー付近で応援してくれていたBMWファンの方達の声援にも僕らはすごく励まされました。
当然ですが走行中のライダーは一人です。その中でサインエリアから情報をくれるサインマンの表情やコーナー付近で旗を持って応援してくれる人たちから勇気や集中力をもらっています。

b0108670_1415111.jpg今現在の話では、世界耐久のレギュレーションに合わせることになるそうなので排気量の問題などから今年の仕様でのBMWが参戦できるクラスは無くなってしまいますが、レギュレーションの変更がなくなればBMWチームは間違いなく来年も参戦することになると思いますし、鈴鹿8耐が駄目でも他のレースなどを通してBMWのチャレンジを続けていくでしょう。ね?武藤監督!!!
b0108670_1227162.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-09-12 23:39 | Staff紹介
<< 2006年鈴鹿8時間耐久レース... 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>