鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その10)
b0108670_19251420.jpgはじめまして、タイヤ管理&給油担当の鶴岡です。
武藤さん、高木さん、斎藤とは古~くからのレース仲間です。
以前はBMWとは対立?する縦置きVツインに乗るライバルでもありました。

b0108670_18104582.jpg今回、参加を決めた最大の理由は斎藤栄治でした。
サンデーレースですが、デビュー当時から知っているし、競った仲です。
その後エリアGP250を経てIAに昇格し、8耐第一ライダーだもんなぁ~。
そんな特別な思い入れのある奴の8耐ラストランと聞けば、いかなきゃ!でした。


b0108670_18323422.jpgさて 担当したタイヤ管理の内容ですがこんな感じ。
*タイヤ交換(BSのサービスまでの往復)
*エア圧の管理(ここでは窒素ガスです。)
*タイヤウォーマーの管理
*タイヤ本数の管理
活字にするとたいした事ないんですが、一人じゃ大変!なんです。


b0108670_1846654.jpg予選では使用できるタイヤ本数が決められていて、オフィシャルによって管理されます。
車検場にてタイヤにマーキングをされ、ナンバーのチェックをされます。
ナンバーというのは、タイヤサイドに両面かきこみます。
当チームの第1ライダー用は135ー1、第2ライダー用は135-3、第3ライダー用は135-5 という感じでライダーによって
ナンバリングが異なります。使用タイヤが限定されるんです。


b0108670_18394089.jpg「予選日以降はフロントホイール左側のディスクローターを外してきてください」とBSさんから言われ、輪をかける様に
斎藤から「前後マグ鍛で・・・」とリクエストされ、少しでも良い状態で走って欲しいんで、どうするどうする?状態。
何しろマグ鍛ホイールはF・R 2セットとF・1本しかなく マーキングが絡んでくるんでややこしい。時間がない!
苦渋の決断(でもないか?)でノーマルRホール使用です。これで3セットです。
3人のうち誰にノーマルRホールを使ったかは内緒です。ごめんなさい。


b0108670_17343459.jpg決勝当日は助っ人の登場で楽になり、高木さんとの給油作業もバッチリ行うことができました。
クイックチャージャーだとあっという間にタンクに飲み込まれるガソリンですが、結構重いんですよ。
マシンに給油が済めば次回に備えてクイックチャージャーにもドラム缶から給油です。
これがまたelfのガソリンがくさいんです。いかにも吸い込んではダメなにおいです。たまりません。 これは主に高木さんがやってくれました。ありがとうございました。
b0108670_183292.jpg


b0108670_17464433.jpgまあ、あれこれ大変と書いてしまいましたが、スタッフのみんなとチェッカーフラッグを迎えたときは感動と共にホッとしました。
そしてお約束の花火!綺麗でしたねぇ~。
Tras&PIAA racing 監督、ライダー、メカニック、ヘルパー、カメラマン、モトラッドGAL、サポーターの皆さんと過ごした8耐は スゲー楽しかったです!!!


b0108670_13572710.jpgもて耐で(手押しチェッカー)厄落とししたから良かったんですね、きっと・・・
2007年もて耐もきちっと結果出しましょうよ!自分は乗るほうが好きなんですよ、武藤さん!!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-09-13 07:39 | Staff紹介
<< 鈴鹿に帰ってきました! 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>