鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その7)
b0108670_1127458.jpgブログ初登場の横井愼一と申します。
職業は、大理石屋で、バイクとは無縁ですが、31年間BMWに乗り続けているBMWフリークです。武藤監督とはレース仲間で、今年も8耐に「手伝いに来てくれない?」と声を掛けてもらい、喜んで夫婦(嫁の「はるえ」と)で参加させてもらいました。

b0108670_11292123.jpg役割は、サインボード係、今井選手担当です。去年と同じで慣れているはずですが何せ8時間の長丁場、マシンを見逃してタイムを取り損ねたらどうしょうかとか色々考えると緊張です。
スタートライダーは齋藤選手、で新田さんと近藤さんの奥さんが担当なのでしばし観客に。非常に順調に走行後今井選手に交代。私たちの出番です。はじめの2~3周は、慣れないマシンの状態や乗り方をチェックしているようで、抑えたペースでしたがその後は見事に同じラップタイムを重ねてあっと言う間の24ラップ。
サインボードを出す側もきっちり同じタイムで戻ってきてもらうととても楽をさせてもらいました。今週の木曜日に初めてデュオレバーサス付のこのマシンに乗った人とは思えないすばらしい走り。さすが一級プロライダーは違いますネ!

b0108670_19185569.jpg走行の合間ライダーは、チームスゥィートで水分&栄養補給、ドクター松本のマッサージ、テーピング等、分単位のスケジュールで次の走行に備えます。戸田総監督のライダーをリラックスさせる話などで、すぐに次の走行時間がやってきます。
戸田さん曰く「3回目の走行が一番きついんだよね」

b0108670_17222655.jpg今井選手のその3回目の走行前にピットへ行くと、予定外のピットイン。そのときの各メカニックのテキパキした動き、大きな声で声を掛け合い、チンチンに熱くなっているパーツと格闘しながら、あっと言う間にマシンを修復。
このときは、あってほしくないトラブルではあるのですが、鳥肌ものの感動でした。
そんなメカニック(マイスター)の居るディーラーさんのお客さんがうらやましい。

b0108670_13393521.jpg数周のロスがあったものの、その後は一番きつい時間帯も順調に周回をこなす。今井選手の4回目の走行は、作戦変更で日没まで、スタート前の今井選手と予定外のピットインのサインの打ち合わせ確認をして最後の走行。作戦通り最終ライダーの齋藤選手にバトンタッチ。感動のゴール&花火を迎えることが出来ました。


b0108670_16455983.jpgライダーというのはより早く走りたいもの。まして新しいチームなら尚のこと。より速く走って自分をアピールすれば、その分リスクが増えます。
今井選手は、自分を抑え、リスクを最小限に抑える走りに徹し、そのことを一番知っている戸田総監督は、それとなくその方向にもって行き、マシンに乗りなれている齋藤選手は、それを補うようにベストの走りで応えた。

b0108670_12585438.jpg監督が、メカニックが、ヘルパーが、そしてすべてのスタッフが活き活きと、真剣に、そしてとても楽しそうに活動しているこのチームの一員になれたことをとても幸せに思っています。本当にありがとうございました。
また来年もこの夢のような時間が持てるのであればと望むのは私だけではないようですね。
レギュレーション変更の問題は大きいですが、何らかの形で武藤監督ガンバッテネ!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-09-07 18:04 | Staff紹介
<< 2006年鈴鹿8時間耐久レース... 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>