鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その5)
b0108670_12185611.jpgおはようございます。メカニックの高瀬です!

「まだまだいけますよ!K1200Rは!」
鈴鹿8耐の感想はとにかく楽しかった!!の一言につきます。
今回はK1200Rの整備をさせてもらいましたからその辺の感想?をレポートさせていただきます。

b0108670_1326729.jpg「かっこいいー!!」けど「お、重い!」これがパワーカップ仕様のK1200Rの印象でした。これがどうのように8耐レーサーに変わっていくのかすごく楽しみでした・・・が、初めての車両と言うこともあり、やることが山のようにありましたので少し気が遠くもなりました。


b0108670_13291277.jpgしかも自分自身、K1200Rは定期点検とサスの交換ぐらいしかやったことがありませんでしたから(マジです。)最初の1週間はマニュアルとにらめっこでした。データーの暗記などもこっそりと・・・(^^;。
それからは基本的なメンテナンスだけで日々追われていたように感じます。しかも2台・・・。

b0108670_133162.jpgそしてテストに行けば何か宿題がいつもあって、また整備内容が増えていく・・・。帰宅も当然深夜・・・。でも充実していました。


b0108670_133242100.jpgとにかく時間との勝負でしたので、モディファイも特別な事はしていません。レースに不要なものを外していくといったレギュレーションに合わせる為の最低限の作業でした。それでも何かひとつやるのにメリット、デメリットを想定して、おやっさんの指示のもと慎重に作業しました。
外装はトラスの新田さん、足回りはGドライブの永安さん達とのジョイント作業もありました。これがいろんな意味で大変でしたが貴重な体験でした。(皆さんホント忙しい方々なので・・・・・。)ホント無事に8時間走りきってくれてよかったです。


b0108670_16253526.jpg整備していて思ったことは、レーサーに向いているのかどうかはともかく本当に良く出来ている車両だと思います。岩間さんも書いていましたが、まだまだ多くの可能性とレーサーとしてやり残していることもあれこれいっぱいあります。個人的な希望としてどんな形でも走らせたいですね。
まだまだいけますよ!K1200Rは!もちろん来年があるのなら是非また参加させてほしいです。とにかく楽しかったです。
作業もレースも全部!最高でした。それもこれもおやっさんの指導と、FLATのスタッフの協力のおかげです。ありがとうございました!もちろんチームトラス&PIAAスタッフ、ライダーおよび関係者の皆さん本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
b0108670_1345031.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-09-04 11:06 | Staff紹介
<< 2006年鈴鹿8時間耐久レース... 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>