鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
おじゃまします(^^;)
みんなが2006鈴鹿8時間耐久を終えて感想をレポートしてる時にわり込んでスミマセン!
Tras の新田です。
先日お知らせ致しました”知的・産業クラスターフォーラム2006in浜松”のご報告。
さすが、バイクの町浜松!

b0108670_2353376.jpgホテルロビー吹き抜けにSUZUKI・HONDA・F.C.C(今年の8耐総合優勝チーム!)のオートバイ展示スペースが当たり前のようにあるのです。それもモーターショウのようにパネルもあるしライトアップもされていて本当に驚きました。
そのような状況なので、堂々と胸を張ってBMWK1200R8耐マシン3号車をホテル内展示スペースに持ち込んじゃいました。

今回の研究展示会は、産学官の交流を図り新産業を創出していく・・・・まあ難しい話はぬきにしましょう。どちらかというと、講演会(片山さつき経済産業大臣政務官のご挨拶に始まり)参加に絡めて展示会を見る。普段はBIKEには興味のない方たちが多かったのですが、Trasブース前で足を止めていただいた方たちは・・・

b0108670_2364043.jpg『うお~BMWもレースしてるんだね!このバイクは新型なのカッコいいじゃない!時代も変わったもんだね~。』とか『オールカーボンの外装を作るなんてさすがBMWだね。』というような質問をされる(それなりに年配の)方たちがほとんどでしたが、みなさん車両をなでたりカーボンの裏側を触ったり様々な角度でK1200R Racerを観察していただきました。
そのような中でも意外だったのは、BIKEに興味のある人達が数名いらして、鈴鹿8時間耐久レースを過去に見に行ったよ!(1982年の台風直撃の時に見に行ったんだ~なんて熱烈な8耐ファンの方もおりました。)あ~8耐ね知ってるよ!と8耐の認知度の高さには少し驚きました。
また、「あ~今日BMWのレーサーが見れるなんて思わなかったなバイクが好きでK1200Sに乗ってるんだけどこのマフラーかっこいいね!K1200Sにも付くかな?」とBMWオーナーもいらっしゃいましたよ。(ササキスポーツクラブに問い合わせしてくださいと言いました。)
今後も、機会があれば産業界の展示会でもBMWK1200R8耐マシン3号車を展示をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。
来年の活動計画は未定のようですが、K1200Rで挑む!ファンの皆様のご意見や活動提案を、コメント書き込みジャンジャンお願いします。
武藤監督のことですから、皆さんのコメントを参考にして”来年の活動計画決定です!”なんてことになるかもしれませんネ。
それから、弊社Trasのホームページをリニューアルしました!こちらもチェックして下さいね!
※Tras ホーページ はこちらから。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-31 23:00 | Staff紹介
<< 2006年鈴鹿8時間耐久レース... 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>