鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その3)
b0108670_19285563.jpgヤナセオートの寺嶋です。
早速、レポートさせて頂きます。


b0108670_1930731.jpg『イタリアチームとの水のかけあいが、なぜか楽しかった』


b0108670_21334446.jpg8耐にチームスタッフとして参加させていただきありがとうございました。
昨年までのフラットツインとは全く異なる、4気筒マシン、K1200Rでの参戦と聞いたときは
”えぇっー! いじったことない! と思ってしまいました。
ただ、当店の試乗車の中で、私自身が一番気に入って乗っているのが、K1200Rなので
興味はありました。
8耐当日を迎えるまでの数ヶ月間、多くの方(ブログに登場している人、してない人)の苦労と努力があってこそ実現されたプロジェクトだと思います。

b0108670_19491390.jpg基本的にノーマル車輌を、レギュレーションに合わせるためだけに施した改造の内容を聞くと、大変な作業だったなぁと思います。
私は実際、当日までは何も手伝えなくて、なんだか申し訳ありません!という気持ちです。
またの機会があるまでに(あることを期待しています!)、もっと勉強しておきますので、また声をかけ下さい。
ゴール後、『イタリアチームとの水のかけあいが、なぜか楽しかった』です。


b0108670_19512362.jpg
b0108670_19472348.jpg高崎から仙台に引越しをされたグッチフリークだったYさんがBMWの応援でピットに来てくれて、久々の再会をし、話を聞いたら、数台のBMWを乗り継いでいるとのことでした。
うれしかったですねー。
来年のOHV対決、楽しみですねー。

b0108670_1492750.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-31 13:15 | Staff紹介
<< おじゃまします(^^;) 2006年鈴鹿8時間耐久レース... >>