鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて。(その2)
b0108670_12185772.jpgスタッフレポート第2弾。
ササキスポーツクラブの岩間です!


b0108670_1242083.jpg感想は、まず・・・『来年もやらせて~』ですねぇ。
パワーカップ用の車両というベースはありましたが、もとはネイキッドのツーリングバイクです。
鈴鹿8耐というスプリントの繰り返しのような、ハイペース耐久を戦える車両に仕上げるには、するべきことが多すぎました。
レース車両には重要なサスペンションですが、市販車より強化してあるパワーカップ用のサスペンションでさえ、日本のサーキットの路面(μがヨーロッパに比べて高い)とBSスリックタイヤの強力なグリップでは全く役不足でした。R1100Sのときよりストレートは早いがコーナーは遅いという状況から始まり、レース車両では重要な車重もおも過ぎてつっこめない!!なんてライダーの意見も・・・。K1200Rでやると聞いたときから予想していたことが鈴鹿を走らせてみると、予想通りにおきてきました。

b0108670_12533852.jpg私は鈴鹿市在住で、車両が鈴鹿に来た時だけメンテナンスするのですが、テストに鈴鹿に来る度、問題を解決するようなモディファイがしてあるのです。
私はモディファイしていないので苦労話は高瀬さんに任せますが、レース用パーツが無いK1200Rなので、ワンオフパーツで毎回階段を登るように少しずつ車両を仕上げていく姿に惚れ惚れしていました。耐久レースですので、速くても8時間走りきれなければダメ。今回は、車両の耐久性を確保するモディファイが主で、タイムを縮めるモディファイは十分にできないまま8耐を迎えています。
武藤監督と勝手に立てた目標 Div2クラスコースレコードと決勝200周は達成できませんでした。このまま、あと1年階段を登れば達成できるはずです。
b0108670_1303881.jpg
そこで 『来年もやらせて~』 なのです。

b0108670_12212520.jpg最後に、このレーシングチームに参加する為に協力してくれたササキスポーツクラブ、応援して頂いたお客様、トラス&ピア・レーシングに関係する方々、新たなBMW Motorradの楽しみを教えてくれた武藤監督に感謝します。Unlimited Challenge!!
b0108670_19383063.jpg
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-29 18:05 | Staff紹介
<< 2006年鈴鹿8時間耐久レース... NEWS告知させてください! >>