鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2006年鈴鹿8時間耐久レースを終えて・・・
b0108670_13435177.jpgこんにちは。モトパークの高橋です。
今日から連載(?)でスタッフ一人一人の「8耐レポート」をアップして行きたいと思います。
第一弾は私から・・・。


b0108670_13514667.jpg自分にとって『一番感じたレース』
今年の8耐を終えて思うことは、と言っても・・・いつも思うことはいっしょ。
8耐に参加して5年目。レースが終わったときの感動と達成感はなんとも言えない。でも時間が少し経つと、「あの時、○○○をやっておけばよかったのかなぁ。ライダーは一所懸命走ってくれたのに、自分はそれに対して・・・?」と自問自答。
ただ5年目はちょっと違った。
b0108670_1354278.jpg金曜の夜、メカニック仲間と『今年は楽だねぇ』等とお酒を飲んでいるときに、フラット柳澤社長(おやじさん)から一言(喝)「おまえら!レースはそんなにあまくない。車両を出来る限りばらして、各部を確認しろ!!」
公式練習、予選と大きなトラブルも無く、レース本番を迎えてしまうため、自分を含めメカニックたちの気持ちを引き締めるために、車両を限られた時間内に出来る限りばらし各部の確認作業を命じたのだ。さすがチーム重鎮おやじさん。凄いと思った。車両整備だけでなく、メカニックをまとめる力は学ぶべきものがあった。

b0108670_14135672.jpgレース本番、小さなトラブルはあったが、メカニック全員の力でトラブルを修復し、レースに復帰させた。結果189周無事完走+クラス優勝。
完走できたのは、監督、ライダー、ヘルパー、メカニック、チームスタッフ全員の力。いままでのレースの中で、自分にとって『一番感じたレース』でした。
また、300Kmの助っ人ライダー中井さん、8耐の助っ人ライダー今井さん。有難うございました。今井さんの『お前等サイコー』の一言は最高。

b0108670_14173018.jpg最後に、Tras&PIAA Racingに参加させていただき、有難うございました。今迄で一番のチームだと思います。改めてチームスタッフ全員に感謝します。
次回があるなら、出来る限り参加させてください。
これからも宜しくお願い致します。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-08-28 11:36 | Staff紹介
<< NEWS告知させてください! ライディングパーティーにて・・... >>