鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
プロテクターには健気な美しさがあります(^^)
耐久レースは、「万が一転倒してもPITまで戻り、マシンを修復して、また走り出してゴールを目指す」と言うものです。転倒した時に、マシン・ダメージを軽減する為に壊れてはいけない部分にはプロテクターを予め装着してダメージを最小にし、ピットまで自力で戻ってこれるよう製作サイドも最善を尽くします。

b0108670_22325698.jpg K1200Rの右側ダメージポイントは、「クラッチ周辺」。このパーツは、鈴鹿300km参戦の時から装着されています。(メス型製作済み!レプリカパーツも作れちゃいます。)

b0108670_2234570.jpg 左側のダメージポイントはウォーターポンプ及びラジエター上部です。この部位のプロテクターは製作しておらずワンオフで作成しました。(メス型を製作していないので、Tカーの分は無いです。ゴメンネ、武藤さん一台分で勘弁してネ。)
本当は、プロテクターがその役目を果たさない方が嬉しい のですが・・・
その時の為にじっと装着されるその姿には機能美と言うか、「健気な美しさ」があります。
後日、前回練習走行の時に転倒してダメージを受けた外装が完璧に修復されます!!復活した外装を組み付けた画像はその時にアップします!
毎日、綱渡り的なスケジュールでも、必ず(!)日程だけは守り続ける、すご~くまじめなTras新田でした!(下に武藤さんはもて耐で楽しんでるみたいなこと書いてありますけど・・・)
by go_suzuka8h_bmw | 2006-07-14 22:37 | マシーンについて
<< 今日は予選・・・ すみません・・・ブログ更新できなくて >>