鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
マシーンセットアップのラストスパート!の最中
b0108670_17383742.jpgTras新田です。
FLATさんは、本戦マシン&Tカーの車両仕上げ調整に明け暮れています。
(みんなちゃんと寝てるかな?(^^;)
武藤監督は、仕事を今日中にこなして明日から「もて耐」参戦の為忙しいとか・・・。
Trasの私からは・・・今、本戦マシン改修パーツの作成中なので面白い画像がないのです。
仕方がないので、パワーカップ仕様の少し前の画像で勘弁してネ。
今年のモーターサイクルショーで展示されていたので、ショーに行った方はご記憶かと思います。 その画像つながりで。(ちょっとブログの路線外れてるけど)

b0108670_17432355.jpgドイツからパワーカップ仕様の車両が到着した際、レース参戦時に転倒等、万が一のことを考えてサーキット走行に必要不可欠なアンダーカウルのみ、念の為、メス型(カウルを製作する時の原型の様なものです。)を作成していました。
結局、その後の8耐参戦マシーンは次々に進化を遂げ・・・かなり最初のフォルムとは違ったカウリング形状になりましたので、事実上、不要になったわけですが・・・。

b0108670_17475062.jpgと言うことで・・・せっかくメス型があるから、黒ゲルコート仕上げのFRP製パワーカップレプリカ(!)アンダー・カウルを製作しちゃいました!(^^)見てください。結構良い仕上がりじゃないですか?これならドライカーボンのパーツと違って、現実的なコストで量産可能なはず。
明日は、本戦マシン用の新規パーツ画像を掲載予定です。
お楽しみに!!
by go_suzuka8h_bmw | 2006-07-13 17:55 | Team Tras
<< 1号車がサブコンチューンから帰... 柳澤Jrより・・・監督に愛を込めて。 >>