鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
鈴鹿から練習走行のレポートです
鈴鹿にいる監督ムトウです
カメラをもって写真バシバシ撮って、ブログ見てくれている人にサーキットの現場からの生情報をお送りします。
朝一番のピットの風景。
昨晩10時に鈴鹿サーキットに到着後、バイク降ろしてタイヤ並べて・・・すること無いから、テント張ってみました。まぁ悪くは無いけど、どうしてテントなの?って感じです。(8耐といえば・・・テントじゃないですか?ね?)b0108670_14572235.jpg
冗談はさておき・・・今日から、強力な助っ人が登場。
その人の名前は・・・山田純さんです。(右の写真の方)BMWファンならずともバイクファンの方なら知らない人はいないくらいの有名人です。
純さんには、02-03-04年とチーム監督をお願いし、私ムトウも大先輩に教えてもらいながら今日の自分があります。というわけで、純さん無くては始まらない!ということで我々のプロジェクトに参加いただくことになりました!
これからは、山田総監督・・・とお呼び下さい!
直接の指揮は仕事の都合上難しいですが、ポイントではアドバイスを頂きながら、決勝のゴールへ向けてご協力してもらえるのです。(やったー^^)

b0108670_1532294.jpg
朝10:35分からの走行は、PIAAカラーのK1200R(1号車)とカーボン(未塗装)仕様のK1200R(2号車)が2台で走行・・・本当にカッコ良かった!!写真を見てください!
皆さんも想像してくださいね・・・2台のK1200Rのランデブー走行。

b0108670_2002856.jpg
しかも、戸田選手がいきなり1号車で18秒台に突入!その直後にピットインし、リヤのトルクロッドを交換し再度コースへ。20秒台でコンスタントに走行後再びピットイン・・・ひと言「斎藤ちゃんに乗せて・・・」20秒台の走行は、わざと決勝を予想してのシュミレーション走行なのです。

b0108670_1574754.jpg「これなら楽勝!!トルクロッド交換して、旋回性がすごく良くなった!」しかし、リヤタイヤのスライドが早く、もう少し検討の余地ありとのこと。
斎藤選手は病み上がり後の初走行・・・本人もプレッシャーあるかと思いますが、我々も心配しながら送り出しました。2号車で淡々と走り、2回ピットインしてリヤサスペンションセッティング(プリロードをかける)を行い25秒台で走行・・・中、1号車に乗り換えのサインによりピットイン。正直言って、うれしいけど・・・ドキドキって感じでした!!
残り15分くらいの走行時間内で、バイクの感触をつかみながら徐々にタイムアップ。最終ラップで23秒台に入れて、午前中はまずまずの成果を持って終了。

b0108670_15135233.jpg
戸田選手のコメントは、「エアーボックスの改造した効果が(2006-06-21 09:12参照)非常に大きく、低回転からのパワー感が出てきた。トルクロッドの交換により旋回性も良くなったので、サブコンによる各回転域での燃料増量でパワーをあげて行きたい。」

b0108670_15142253.jpg
斎藤選手のコメントは、久々の走行なので少々緊張したものの、走り始めてしまえば根っからのライダーでした。「1周1周丁寧に確認するように走り、1号車と2号車の比較を行った。ハンドリング・旋回性・パワーどちらをとってもやはり1号車の方が上回っている。」とのこと。
by go_suzuka8h_bmw | 2006-07-03 17:18 | Team Tras
<< 鈴鹿から練習走行レポート(その2) 8耐応援観戦の方へ詳細決定しました! >>