鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
今日までのあらすじ、セティング篇
目指すは夏の8耐に出場すること。正直、今回は練習不足、会社休んで鈴鹿に来たのは3回、クラブマン誌の「日本版パワーカップ」の取材がシェイク・ダウン。初めての鈴鹿は4月中旬、現状のサスペンションを確認するため、東コースを10周走って「こりゃダメだ!!」日本のサーキットはヨーロッパよりミューが高く、且つスリックタイヤ装着のため、サスペンションが負けて底つき状態!
2回目は4月末、バネレートを高くして走行したら、感触良くあっさりR1100S時代のタイムを更新。感触良好!(3歩前進)
3回目・・・外装を変えたら、ポジションやライダーへのフィードバック感がなくなり。(5歩後退)
昨日、新ポジションに変更してみれば・・・いい!Good!!.....しかし、思わぬトラブルが・・・。
金曜日の夜、2時半までメカニックとバイクとの戦い。原因はたいしたことではないのだが、鈴鹿に部品を持って来ていなかったので、予備車輌を急遽「Tカー」登録して、夜中に総入れ替え。
今日は、朝一走行で水温上昇、メーターは134℃を越す。これまた原因はラジエターのエア噛み、すぐに対応して予選は最高の結果(既にアップ済み)。
それにしても戸田さん、スタート直後は2分35秒、2回目に2分19秒344を出してこの周にピットイン、なんとたった3周でベストラップを叩き出す。まるでスペシャルステージみたいでした。中井さんも同様に、1回目38秒、2回目22秒、あとはマシンの動き確認をして終了。本当にライダーって凄い!(僕もライダーだけど・・・)
斉藤さんの名前が無いって質問ありそう。彼は鎖骨骨折中で今週は強制自粛しました。ポキポキ(^^)
by go_suzuka8h_bmw | 2006-06-10 20:17 | Team Tras
<< いよいよ決勝当日です 失敗その2(いいかげんにしろって) >>