鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
2011年は腰痛との闘い
武藤個人の話ですが!!
2011年、散々のスタートとなりました。

・・・というのは、1月16日快晴の朝「今日も元気だ!!
朝から柔軟体操」って頑張ったら、背筋に鈍痛がはしった。

今日は粗大ゴミを捨てに行く日…
ソファと数点のゴミをキャラバンに積み込み処理場へ!!
ちょっと腰が痛いなぁ位の感じ…、
帰宅してマッサージチェアで腰をグリグリ3回連続してやったら…もう動けず!! 
筋肉傷めているのに…何故3回もグリグリ、もう腰が曲がりません。

無理して会社に行き、
取引先のお店で買い段踏み外し「体が左に曲がり」激痛が・・・

しばらく、色々な整体や指圧に通い…
針に電気針、お灸や電気治療。
東洋医学だけでなく、近代的な大病院の整形外科でMRIの結果
「りっぱな椎間板ヘルニア」の診断。

出張用キャスター付きのカバン
を杖変わりに持ち(おばあちゃんの手押し車のごとく)
体は左に傾き、見るみる人に「どうしたんですか…?」 
「椎間板ヘルニア」なんです!!だいぶ良くなりました。

良くなったと思っているのは本人だけ!?
周りの人達からは「醜い・・・」とまで言われ、10歳は老けて見えます・・・
カッコ良かった武藤さんは何処に行ったのかしら!!等と言われ、
体と心に傷ついた日々を過ごしていました。

4月末、
武藤さんに最適な治療方があります…!!って言われ、藁を掴むつもりで挑んだ治療が大事件。

治療した日の夜中から、坐骨神経部分に激痛がはしり「半端じゃない痛み」 それから10日間は酷い痛みとの闘いの日々・・・

「手術は怖いから」と思っていましたが、
この痛みに負け「岩井整形外科」に駆け込み「お願いです・・・すぐ!!手術して下さい。
○○先生が名医と聞いてやってきました!!」と頼み込み、
2週間後に入院して5月23日に手術を受けました。

ムトウの闘病記録はまた後日どこかで記載します。

術後の経過は素晴らしく、痛みは何処かえ消えて無くなり・・・
曲った体も元通り(入院時174cm⇒手術翌日177cm)信じられない「ゴッドハンド」による回復

やっと痛みとの闘いが終わり「あれ?今年の鈴鹿は・・・」って感じで、
いよいよスタート。

by go_suzuka8h_bmw | 2011-07-10 14:34 | ムトウの独り言
<< 2011年 鈴鹿8耐参戦概要 箱根大歓山の試乗会 >>