鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
最後の練習は雨
関東はピーカン・・・鈴鹿は大雨です!!

今日は皆気合いが入っている!!
だって、テストできるのは今日しかないから!!


何をテストするか・・・!?!?! 
それは「新しいマフラーとCPU」を組み込んだ S1000RR
5000rpm~9000rpmにおいてトルク、パワーとも向上する…まさに耐久用スペシャル。
b0108670_14595221.jpg

b0108670_1515446.jpg

b0108670_1553356.jpg

更には
Tras製の冷却フレーム仕様の車体へ
b0108670_152249.jpg

シート高を変更
リヤスプロケットを変更
車高を変更

9時:大粒の雨の中、レインタイヤを装着した戸田選手がコースイン
CPUへの記憶書き込みのため、慎重に各ギヤにて設定秒数走らせる。
ほぼ基本セッティングを終え4周でピットインして交代
b0108670_153317.jpg

2番目には高田選手、各項目のチェックをしながら「新しい仕様」を確認して赤旗中断のため9周でピットイン
足周りの変更を指示して、3番手の齋藤選手に交代。

戸田、高田のセットアップした仕様で齋藤が走る。
12時:9周を周回し2分37秒台を出しピットイン
ちなみに同じ時間帯を走っていた元GPライダーMT選手が2分31秒台だったので上出来な走り

午後2時:2時間の休息の間、一時は雨がやむものの・・・再び大粒の雨
スリックタイヤのテストがしたいが今回もレインタイヤ

戸田選手がコーストインする
変更点はリヤ高を下げ、ダンパーを柔らかめに振る
大粒の雨の中、2分40秒台で周回し9周でピットイン

戸田選手と高田選手が話し合い「なんらかの手心」加え、高田選手がコースイン
2分39秒台で周回して7周でピットイン
高田選手がフロントのプリロードを抜くよう指示し、齋藤選手がコースイン
大雨の中、スッぱっと2分38秒台を出し5周でピットイン
b0108670_1533794.jpg


旋回性も高まり、中高速域でのトルクが高まり…乗りやすくなった。
まだまで余裕でタイムアップできるが、タイヤが40周以上走った状態なのでリスク回避しピットイン

車体周りの強化についいては、雨ということもあり確認こそできてはいないが、ギヤ比、足回りの基本セッティング、車体バランスは取れた。特にDTCも有効に作動することも確認でき、新CPUの仕上げりも良く来週の本番にむけて「良い仕上がり」の雨の鈴鹿でした。
b0108670_1555733.jpg



by go_suzuka8h_bmw | 2010-07-15 00:39 | ムトウの独り言
<< いよいよ本番・・・鈴鹿の夏!! 見えてきました・・・ >>