鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
鈴鹿300kmまでのいろいろ 2
鈴鹿300kmまでのいろいろ 2

5月某日
チーム体制についてのミーティングを行った
メンバーは戸田、NKB、TKD、ムトウ監督
概略を決めてゆきたいが、それぞれの事情があり明確な方針が決められない
4人で決めた事は「何があってもやりぬこう!!」という決意

300kmへの参戦の準備
ベース車両は、戸田さんが使っているBMW S1000RR全日本参戦車両
現状はスタンダードであるが、これからモディファイしてゆく。
部品が無いが故、出来る事は限られている

足回り⇒前後サスペンションの取り換え 
三つ叉の製作から始まり、
フロントホイールの改良⇒ブレーキローター、キャリパー、ABS・DTCのセンサーリングの取り付け
冷却効果の高いラジエターも必要だ!!
スロケットも無い、ドイツのWITECHへ発注をかける
Beaterさんへの24L タンクの調整も、外装との調整があるためトラス新田さんに一任する
耐久用強化スウィングアームを発注

スケジュールを見ると、鈴鹿300kmまで練習する時間がない。
ぶっつけ本番!!いや、公式練習、公式予選、決勝の300kmこれが全て鈴鹿8時間耐久レースへの序章である。

第1ライダーは戸田隆、第2ライダーは2006年K1200Rのペアライダー齋藤栄治
斎藤は2006年からレーシング速度でのサーキット走行は行っていない。
今はインストラクターとしてのサーキット走行であるため、急遽ツインリンクへ出向き「スタンダード車両」でナンバー付の走行を繰り返す・・・「正直・・・鈴鹿へは不安がある」とコメントをしている。

6月8日税関でストップしていたラジエターとスプロケットが到着、同時にガソリン宅も完成
Trasにてタンクカバーをこれから作る。新田さんの仕事が日増しに増えてゆく

6月10日夜、鈴鹿No14ピットに集まっている  いよいよ始まった!!
ピット基本的なレイアウトを決める
まずは、ご協力いただくスポンサーの方々の幕を張る。
工具、ライダー休憩スペース、ウェア(ライダー・耐火・スタッフ)の置場、メカニック・ヘルパー休憩スペース、食事、飲み物(冷)・・・

6月11日公式練習 3本の走行ができる
1号車⇒BMW S1000RR戸田全日本車両(#135)
2号車⇒BMW S1000RR 100%ノーマル車両にTras製のアンダーカウルを装着しただけ(#135T)
詳細/写真は6月11日の記録を読み直して下さい

1本目は齋藤選手が鈴鹿のコースに慣れるためBMW S1000RR2号車にて走行
驚いたことに、さらっと走って・・・2分25秒台
裏ストレートでは「279.61km/h」を計測
ちょっとこれノーマル車両です。足回りも、サスも、タイヤも・・・
その間、メカニック達は1号車の整備調整をおこなう。

2本目は戸田選手がBMW S1000RR1号車にて走行を始める。
ピットインを繰り返しながらセッティングを詰めてゆく タイムは2:22秒台
齋藤選手に交替し2:25秒台で周回を繰り返す(ノーマル車両と同じじゃん・・・)と思う。
しかし、8週目に2:21秒台へ(そうか!!マシンの差ではなく、ライダーの慣れなんだ!!)
ということは、今一度ノーマル車両で走るとどのようになるのだろうか?

3本目戸田選手がセッティングし齋藤選手が乗る…
戸田選手2:19秒台当面の目標はクリア―
齋藤選手2:20:32を3週連続で記録…あと0.00.4秒短縮が今回の目標

ライダーを先に宿に帰し、メカニックは一とおりのメインテナンスを終え21時にピットアウト
ライダーメカニックが集合して、明日の予選への目標を語りながら楽しい酒宴の時間を過ごす。

by go_suzuka8h_bmw | 2010-06-17 23:30 | ムトウの独り言
<< 明日からJapan GS Ch... 鈴鹿300kmまでのいろいろ・・・1 >>