鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
予選日の出来事
結論はもう、知っているかもしれませんが・・・
中々、記載する気になれなくて(^^;


7月18日 公式予選前日

今日は「ツインリンクもてぎ」での車検とフリー走行
車検はもちろん問題無く通過⇒マフラーの音量試験は、91デシベル!!街乗り仕様の法令準拠品です。検査員も「エッ91・・・」「街乗り、車検対応ですから」の会話に無言。さぁ本日は近藤と武藤の二人が走る事にした。

まずは近藤さんからスタート
何故かといえば、もて耐ルールで「タイヤウォーマー使用禁止」のため、常温タイヤでのスタートが怖かったので・・・近藤さんにお願いをしたのが本音。
近藤さん難なく走り戻ってきた時に、「チャタリングが出るね」との一言。
武藤の走行でも「チャタリング」は、後ろから+前から・・・ガタガタガタと前回にはない挙動があった。とりあえず、明日は僕らがメインではないので「バイク症状」をまとめ、鶴岡にアドバイスをした。
問題はタイヤのグリップと足回りの合性である。メガモトのような足の長いサスに、ハイグリップタイヤは相性が悪い。タイヤのグリップを落とそう・・・という結論。

7月19日 公式予選
久々の緊張の日なのに「ツインリンクホテル」に宿泊した為、朝の7時からホテルで優雅な朝食を済ませ、サーキット入り…ピットには既に皆いる状態。
昨日の状況を説明し、フリー走行のセッティングを検討する。とりあえずタイヤを交換し鶴岡が走る。前回の公開練習時にサスを柔らかくする方向に変更することになり、フロントはダンパーを大きく緩め動きを良くする方向になっている。
鶴岡も足回りの不満を訴えながら小川に交代。やはり小川も不満を訴える!!もちろんタイムを詰めるような状況ではない。
過去10回もて耐に出場して、予選当日に足回りのセッティングができていないのは初めての事。練習時間がなかったのも事実だが、初めてのメガモトということでライダーの意見統一ができていなかった。

第1ライダー予選にあたり
小川の自由な(本人の希望)セッティングで走る。フロント・リヤ共にバネとダンパーを強め、ハイグリップタイヤで走る事にした。目的は「本来のレーシング仕様」での走行の合否の確認。結論は「駄目」タイムは14秒しか出せない状況であり、チャタリングもひどくまともに走れる状況ではなかったようである。 答えを得れた事は収穫である(遅すぎたけど)

第3/4ライダーの走行
足回りのセッティングを、7月5日の仕様に戻しタイヤもスポーツタイヤに変更した。
今度も近藤スタートで走り、16秒で周回。「昨日に比べチャタも減り、乗りやすくなった」とのコメント。武藤も走り始めると、「昨日よりは数段良い」が、侵入速度や角度・アクセルワークでチャタリングが発生する・・・タイヤの違いをこんなにも感じるとは思いもよらない出来事だった。
余談だが、武藤の走行時にはRC30で宇川選手が走っていた。小川・鶴岡・高木の3人で、S字コーナー付近に行き「武藤の走り」を確認しに行った時の感想
この回の走行で「一番きれいな走行ラインを走っているのは、宇川選手」と当然の結果、では「2番目にきれいなラインは・・・」というと、3人とも同じ意見だったとのこと!!ライダーの名前は「武藤」だったそうである。しかし、同時に一番遅かったのも「武藤」ラインがきれいだから速く走らせるためのアドバイスは「もっとアクセル開けろ!!」だそうです。うれしいような+悲しいような…

第2ライダーの予選
鶴岡も皆の意見がまとまらず、自分好きなセッティングにして走る事にした。
フロントを固くして、リヤ高をあげる・・・典型的なレーサー仕様にスポーツタイヤ。
7月5日の仕様で2週目に14秒で走行しているので、それに近い+固めの仕様である。 小川・近藤・高木・武藤でやはりS字コーナー付近で見ていると、気合の入った走りを見せる鶴岡…すごく良い走りをしている。
そんな時に場内アナウンスが聞こえてくる。

放送「2ndアンダーブリッジ横で黄色いバイクが転倒・・・」
我々「エッ黄色???」
放送「ライダーは無事のようです。黒いつなぎを着ています。ゼッケンは見えません」
我々「黒いつなぎ???」
放送「アンダーカウルに大きくelfのステッカーが貼られています」
我々「あ~鶴ちゃんだ!!」
慌ててピットに戻ると、車両が回収されようとしている状態

左コーナー4速前回での転倒…ライダーは無傷だが、バイクは大破
今日、Trasの新田さんが来ている・・・監督をお願致した永山さんも来ている。
二人とも・・・無言!! 武藤としても、電話で転倒を報告するのは辛いけど、この場にいてくれて良かった!と思ったのは本音。
b0108670_131812.jpg

b0108670_174189.jpg

b0108670_135137.jpg

b0108670_144019.jpg

b0108670_151265.jpg

b0108670_154783.jpg

b0108670_183171.jpg


真っ青なチームスタッフ全員の顔を想像して下さい。

決勝までに車両修復は可能なのか?どこまで破損したのかがここではわかりきれないので、高橋さんに車体チェックをしてもらい、直るものなんら何としてでも治す!!ということで結論!! しかし、我がチームはどうして毎回事件が起こるのだろうか?

過去の事故歴
1999年、もて耐、決勝中に3回転倒して最後は大破
2002年、決勝中に武藤が転倒骨折したものの、残りのライダーで完走
鈴鹿8耐で公式練習時に転倒全損⇒徹夜で修復して、決勝は198周完走
2003年、鈴鹿、決勝で転倒大破修復してゴール
2004年、鈴鹿、予選で転倒大破 予選落ち
2005年、鈴鹿、決勝で転倒大破 修復してゴール(規定周回に1周足りず)
2008年、もてぎ、決勝前日に転倒大破 徹夜で修理して決勝出場

8月の決勝には必ず参戦致します・・・
応援宜しくお願致します。span>
by go_suzuka8h_bmw | 2009-07-25 01:09 | Team Tras
<< ご声援…ありがとうございました HP2Megamoto >>