鈴鹿8時間耐久レースへの道

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31



Staff 紹介

監督の武藤です。BMW Motorradでの業務とチーム監督の仕事を両立すべく頑張っています。
中林さん(副監督・日本一のHP2 Sport使い! 09ボクサー・トロフィー優勝者)
高田さん(第一ライダー)
寺本さん(第二ライダー)
片平さん(第三ライダー)
ライダー戸田さん(通称プロフェッサー戸田・冷静沈着な男)
ライダー齋藤さん(BMWライダートレーニング公認インストラクター)
2006参戦ライダー松下さん(喋って走れる優勝ライダー。バイクもマイクも離しません!!)
2006参戦ライダー今井さん(バイク乗りセレブな方々とも交流のあるイケメンライダー)
助人ライダー中井さん(300kmスポット参戦・8耐スペシャリスト)
新田さん(Tras代表)
山崎さん(PIAA)
柳沢さん(FLAT代表 兼BMWメカニック)
高木さん(BOXER SPORTS CLUB 代表)
高橋チーフメカニック(モトパーク社長)
マイスター岩間(鈴鹿は任せろ!)
近藤メカニック(草ライダー&メカの元祖)
永安メカニック(G-TRIBEチーフメカニック)
松本さん(Dr.松本。05年からチームドクター兼スポンサー)
寺嶋さん(ヤナセオート役員)
Omega法月さん(国際A級ライダーとメカニックを両立)
間違えだらけのセットアップの日々
7月5日
熱い 暑い モテギ・・・と思い気や、まぁ過ごしやすい一日でした。

今日は、2ndライダーの鶴岡さんと二人
鶴岡さんは、モトグッチ使いののスペシャリスト(昔話だけど)
当時、筑波のBOTT等MTIクラスでは、常に表彰台を確保していた
ところが、僕らと出会うことで・・・BMW扱いのスペシャリストに変身。
今、 筑波でBMW乗せたら、素人では日本一のタイムで走って来ること間違いなし!!
体も大きく、超二枚目ライダーです。

さて、二人で始まった・・・セットアップ
前回の使用からの変更点は、リヤのスプリング変更(11kg⇒12kg)とSasakiマフラーの装着(HP2エンデューロ用)
さぁ11時からの走行は鶴岡さんが一人で走る。スプリングレートをあげたことで、リヤから押される感覚が出てきて、気分的には「プラス方向」とのこと。タイムも2分14秒とHP2MMのシーズンベスト(^^;
トップスピードも2分16秒の自己ベストで走る「驚異の69歳」R1200Sと同等…。


二本目は武藤がフル走行
当初の予定では2分17秒位は出せるかな?と思いコースインするものの、リヤサスが変わったことで「車体姿勢」が変わり、曲がるきっかけが取れず…いつまでもブレーキがリリースできない状態。
武藤の場合は、走り始めてから体が慣れるまでの時間がかかるのがいつもの事・・・頑張れば!慣れてくれば!と思うが中々体が慣れてこない。タイムも、2分32・32・30・27・27・28・25・24・23秒、きっかけがつかめないままチェッカー。
原因はリヤ高が下がらないため、フロント荷重が強くなり、武藤の乗り方に合わない。
鶴ちゃん好まないが、リヤサスで車高調整(2mm)下げることにした。
ちなみに、今日はリヤサスだけ触ろう・・・って事でやっています


三本目は鶴岡・武藤の二人で走行5周と6周って感じ
最初は武藤が走行(自分でセッティングしたから)、走り始めると・・・
なんと、バッチリ(^^; 曲がれる⇒曲がれる、きっかけ良くわかる。最高!!と叫びながら、4周でピットイン。タイムも21秒、確実にモット出せる!!前回よりもエンジンに力があるから、タイムアップは確実・・・早く、鶴ちゃんに代わって、慣れてもらわないと…
鶴岡さんの走行は16秒で周回、あまり気に入っていないみたい(^^;走り見てるとわかるのが不思議
戻ってきてのインプレッションは
「リヤが入りすぎて、アンダーが出てアクセルが開けれない」とのこと。・・・まずい・・・
車体姿勢は変更せず、リヤサスのプリロード1回転かけることにした


四本目は鶴岡スタート
なんと1週目から14秒で走行・・・やはりセットアップした立場のライダーは、責任と自分への説明の為、気力こめて走ります(^^;
戻ってきた時のコメントは「すごく良いよ」

武藤も気合入れて走るが、またまたリヤが高くて進入タイミングが取れない。
立ち上がりでのアクセルが開けづらい。
微妙な差なのにどうして・・・俺ってそんなに繊細なの?
でも、今日の最初の走行よりはいい感じ。リヤサスが入りこまなくて不安感が走る・・・が、慣れればなんとかなるかな。と思い走行終了。

走行後、7月6日の公開練習に向けて「鶴岡・高木・武藤」の三人で相談・・・リヤサスのプリロードが沢山かかっているから、明日は13kgのスプリングを入れて、プリロードを抜いてみよう!!と自信ありげ。 鶴岡さんを残して、武藤と高木は帰京。


7月6日は、我チームのエースライダー小川さんと助っ人ライダー近藤さんの登場。
なんと小川・近藤は菅生の選手権帰りからの立ち寄り。
金夜に東京出て、土曜練習、日曜決勝というハードスケジュール。ぶっつけ本番みたいなエントリーでST600-6位入賞とのこと!当然メカニックは近藤さん。

大事件発生⇒ボロが出た(^^;
6日の天候は、今にも泣き出しそうな空模様とのこと…
1本目は曇りから雨、ドライタイヤからレインタイヤへ「セッティング」するような状態では無い。そのような中「フロントの動きが渋い⇒リバウンドかけ過ぎ」(武藤がかけた)との意見

2本目は、ドライで一人4~5周とのこと。13kgにスプリング変更して走り出すと、全員が「駄目出し」・・・武藤居なくて良かった(^^;⇒居ればボロクソ言われたのは必至。

最終的に、スプリングを12kgに戻し、プリロードを15mmかけ、Fサスのダンパーを抜く方向・・・全く逆方向に進んでいた自分が恥ずかしい(まぁ久々のライダーだからね) 
小川君に「武藤さん、乗りづらいバイクに乗っていましたね・・・今度は乗りやすいですよ」 追い打ちかけられちゃった(笑
 
次回の走行は、7月18日19日の予選です

ちなみに、7月20日は「もてぎ:ライディングパーティー」です。
もて耐予選見ながら、遊びに来てください・・・何かあるかも

by go_suzuka8h_bmw | 2009-07-10 00:15 | マシーンについて
<< HP2Megamoto 裏話…ライダーの交代 >>